人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ガムエラスティックブジー

 前回も書いたが、ガムエラスティックブジーがすっかり気に入っている。
週一回の外勤先では、外科の先生もマスターして自分たちで行う麻酔の時も使い始めた。
慣れるとブジーの曲げ具合が分かってきて、挿管チューブ+スタイレットよりコントロールがはるかに容易だ。しかも細いので最後までよく見える。
 先週は、喉頭展開しても何もみえなかったが、ブラインドでブジーを挿入、クリック+で簡単に挿管できた。問題は手術がラリンゴマイクロサージャリーだったこと。なかなか声帯がみえず(みえるわけがないのだが)、耳鼻科医がぽつりともう少し細いチューブに変えてもらえませんか?またまたブジーをチューブエクスチェンジャー替わりにして再挿管、これも簡単。しかも外勤先のブジーは、もう10回以上再利用している。コストパフォーマンスも最高の挿管困難グッズといえる。
 電脳麻酔本編にDAMを追加しなければ。
# by yamorimo | 2005-12-06 23:30 | 電脳グッズ

研修医の指導医養成講座

 医師の卒後研修の指導医養成講座を受講した。厚生労働省の指示で16時間必要ということで、ハードなスケジュールとなった。みっちり二日間、ワークショップが続いた。威力を発揮したのはKJ法である。
 ただAHAのBLS,ACLSを受講した後では、このワークショップの手法はやや古いという印象を受けた。実際、二年前に学生教育を目的としたワークショップを受けた時とさほど差はなかった。つまり、教育の目標、方略、評価についてそれぞれ実際に作成する能力をつけるのが主な目的と思われるが、実際に必要なのは、個々の研修医に対してどの様に日々接していくのかという点ではないのだろうか。いろいろ考えさせられる二日間だった。
 有意義だったのは各科、各病院の同じ立場の人たちと同じ時間を共有できたこと。研修医の人たちも、指導医がこの種の努力を重ねていることも知って欲しい。
# by yamorimo | 2005-12-05 22:42 | その他

ハリーポッターそのに

 ハリーポッターの過去3作のDVDが今なら1500円で発売されている。早速持っていなかった、2作目、3作目を購入。これで3000円、音楽のCD一枚と同じ値段だ。
 DVDの良い点は、音声と字幕を自由に変えられること。これは趣味と英語学習のためには非常に都合がよい。しかも一次停止でゆっくり字幕を読むこともできる。変な英語教材を買うよりもよほどコストパフォーマンスが高い。ちなみに、もっと安い999円のDVDが各種発売されている。インディペンデンスデイなどちょっと前の話題作が多い。
# by yamorimo | 2005-12-05 22:30 | 英語

育てるということ

 今週末は、臨床研修医の指導医養成特訓講座で二日間セミナーパークというところに缶詰の予定。日程をみると本当に朝から晩までぎっしり、実は一度受講したことがあるのだが本当に疲れたという記憶がある。ACLSもきつかったが、今度も厳しそうである。
 研修制度の成否を握るのは、指導医の力量も大きいだろう。私のようにきちんと講習を受けている指導医は意外に少ない。この種の養成講座は年に一回か二回程度、人の移動を考えると全然足りないといえる。それにしても指導医が合宿特訓を受けるのなら、指導される側もいかに学ぶかということについてやはり合宿特訓をしてみてはどうか。医学を学ぶ以前のレベルの研修医も多い。
 ACLSの世界も、例えば医師がすべてACLSの受講を必須とすると指導医が現在の**倍いるとか、いろいろな話を聞く。要するにまだまだ圧倒的に人手不足ということ。といって指導者を乱造するとレベルが下がる。難しいところだろう。やはり少しずつ輪を広げていくしかない。そしてまた私の週末が、、、
# by yamorimo | 2005-11-29 23:40 | その他

ハリーポッター

 ハリーポッターの新作をみた。前作は全体に作りが薄く感じたが、今回のはよくできていた。第一作と比べて原作ベースでは分量が二倍くらいになっているので限られた時間での映画化は難しいだろうとは思う。
 早速、中途で放りだしていた原作の英語版を読み始めた。これまで、一作、二作目はなんとか読んだが、子供向けの本の割には読むのに手こずっている。英国の生活用語に不案内なものが多いのと、魔法系、結局単語になじみのないものが多いのが苦戦の原因だ。通り一遍の単語だけでなく、いかにもnativeという単語を知っていると自分の文章に奥行きが出てくる(自分でもできていないが)。
 英語のペーパーバック、なかなか読破できないと思うが、子供向けから入るのも一法だ。私の米国在住中はゴジラシリーズを読んでいた。米国の作者が書いたB級のSF小説に怪獣がでてくるという無茶苦茶なストーリーだったが結構楽しめた。何でもよいので読む習慣をつけるとよいと思う。特にハリーポッターは翻訳がでるのに時間がかかるので。
 あと医学系は結構読みやすい。Robin Cookは定番だが、Richard PrestonのThe Cobra Eventなどもお勧め。
# by yamorimo | 2005-11-27 23:09 | 英語