高齢者と手術

最近超高齢者の麻酔が増えた気がする。以前なら90歳を超えるとおどろいていたが、この頃は95歳超が珍しくない。
今週は96歳の次に97歳。この年齢だと明治生まれだったりする。年齢で麻酔症例を制限するつもりはないが、さすがにシビアな症例で1例は人工呼吸管理となってしまった。今後もこの傾向から逃れることはできないのでなんとか安全な麻酔法を追求していきたい。
反省も込めて、
心エコー検査は、入院直後に行っていたが1週間で状況が変わっているのに対応できなかった。術前の経過に注意するとともに、心エコーは手術直前にも再度確認したい。
[PR]
by yamorimo | 2008-12-12 23:44 | 麻酔
<< 経済危機の余波 島根麻酔医学会 >>