AIRTRAQについてのちょっといけない話

AIRTRAQについてのちょっといけない話。
慣れるまでは数多く使ってみようということで、使用後よく洗ってから消毒液に浸け、よく乾燥(洗うと内部に水が入る)させてから再使用してきた。メーカーの話では時間制限があるということだったのだがやはり使用数回でライトが点滅したままになってしまった。ここで試しに電池を交換してみたが、ライトが明るくなったものの点滅は変わらない。やはりディスポと考えた方がよさそうだ。電池はアメリカ製のアルカリ電池が入っているが想像以上に消費されていることも分かった。
先日sanuki先生とも話したのだが、このデバイスは対費用効果の点でバランスが悪い。現状のままもう少し安くしてもらう(インターネットで調べたが海外での価格も変わらない)か、もう少ししっかり作って再使用に耐える物にするかしないと、1回の挿管に1万円かけるというのは現実的ではないように思う。とはいえ、エアウェイスコープが買えない施設では持っておいて損はない。
使っていて気になったのがスパイラルチューブの使用である。真っ直ぐなスパイラルチューブだと、チューブを進めたときに画面の下方に向かってしまう。しかたないのでエラスティックブジーを使って誘導した。ちょっと面倒だ。
[PR]
by yamorimo | 2008-01-27 12:22 | 麻酔
<< 麻酔質問室 レミフェンタニル投与後の鎮痛法... >>