レミフェンタニル時代の筋弛緩薬

先日、九州大学でレミフェンタニルの講演をしたのだが共催でロクロニウムの発売記念講演も行われて自分でも勉強になった。ここで配慮が足りないことに、レミフェンタニルになってからベクロニウムの使用量が減ったというデーターをいくつか示してしまった(当然オルガノンさんの共催です)。

実際に、レミフェンタニルになってから併用する吸入麻酔薬だけでなく筋弛緩薬の使用量が減ったのは間違いないところだろう。これは減ったというよりは、無理に筋弛緩薬で体動を抑えていた分を使わなくなっただけと理解している。整形外科手術などでは挿管時以外は使用しないし、開腹手術でも必要に応じて追加という感覚に変わってしまった。
先端をいくのは筋弛緩薬なんてまったく必要ないという人たちだが、ここまで頑張る必要があるのかなという気がしている。昨日の記事のようにむしろラリンジアルマスク使用例でも隠し味的に使ってみるという試みも行っているくらいだ。

そこで、先日の九州大学での講演だが、挿管時に通常量の半量程度を使用しているという方に出会った。このように筋弛緩薬の使用に関してはこれまでの概念を捨ててフレキシブルに使ってみるということになりそうだ。
ちなみに、ロクロニウムの拮抗薬のスガマデックスだが今の状況では活躍の場がどれほどあるのだろう。もちろんロクロニウム投与後に挿管困難が判明したという場面では役に立つだろうが、、(でもその後筋弛緩薬が使えないからやっぱり最後の手段にはなるのかも)
[PR]
by yamorimo | 2007-11-22 23:13 | 麻酔
<< Airtraq TIVAの適応の拡大 その1 >>