the fastest method of orotraquel intubation

私の師匠であり弟子のS先生から、You tubeに面白い動画があるという情報が届いた。

Lighted styletで検索すると、トラキライトの親戚のような器具を使ってあっという間に挿管する様子をみることができる。標準の方法とは違う曲げ方にコツがあるのだろう。
それにしてもyou tubeにこんな動画がいろいろあるとは思わなかった。通常の挿管はもとより、ラリマなど各種投稿されている。
trauma intubationでは介助者が頸椎を固定したまま挿管する方法が紹介されている。圧巻は、Airway RIFL Intubationだろうか。スタイレットスコープ様の器具で自分に挿管する様子が紹介されている。どこにも気管挿管オタクはいるものだ。

さて、第15回DAM実践セミナーは、1/12にテルモメディカルプラネックスで開かれる(2007と書いてあるがたぶん2008年の間違い)。テルモメディカルプラネックスは医学シミュレーションの殿堂といわれるのでできれば参加してみたい。ただ交通が、、

第2回紀伊田辺セミナーは、2008年2月16・17日の両日。東京からは直行便があるという紀伊田辺市で開かれる。今年は、腰痛の悪化でドタキャンしたのだが、来年もいかんせん遠い。

どちらも詳細は日本医学シミュレーション学会のホームページで。
[PR]
by yamorimo | 2007-11-07 23:03 | 麻酔
<< セボフルランの維持濃度と覚醒 その2 PDA版イヤーノート >>