人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アミオダロン注

長く待たれていたアミオダロンの静注薬、アンカロン注が発売されている。シンビットがあったとはいえ、これでACLSも諸外国なみかな。
ただし心室細動時の投与は125mgを10分かけてということになっている。
G2005だと、300mgを投与後、3-5分後に150mgを追加投与できるとなっているのでこれにくらべると少量をゆっくりとということでしょうか。国内での実際の使用法は今後検討されるのでしょう。
by yamorimo | 2007-09-16 00:03 | その他
<< Aspectのホームページ 明るい病院改革 >>