remifentanilとshivering

アルチバを使うと術後のshiveringが多いという話を聞いた。自分としては経験がないだけにちょっと調べてみた。

論文としてはこれくらいか。
Rohm KD et al. Total intravenous anesthesia with propofol and remifentanil is associated with a nearly twofold higher incidence in postanesthetic shivering than desflurane-fentanyl anesthesia. Med Sci Monit 2006;12:CR452-456

対象と方法
泌尿器科、婦人科、外科手術患者を対象。シバリングはスコアで評価。麻酔は、デスフルラン-フェンタニルあるいは、プロポフォール-レミフェンタニル(TIVA)で維持した。

結果
TIVA群では、69%の患者がシバリング(+)、デスフルラン-フェンタニルでは37%とTIVA群で約二倍の発生頻度だった。手術中の体温には群間差はなかった。

コメント
シバリングの発生が69%というのは高すぎるように思われる。室温が18-20℃とかなり低く、しかもactiveな加温が行われていないのが原因と思われる。そのため手術終了時の体温が35℃台となっているのは問題ありだろう。あえていえば、remifentanilを使ったTIVAでは術中の体温管理に注意して低体温にならないようにする必要があるとはいえるだろう。
という訳で、通常の管理でどうなのかは分からなかった。誰かコメント下さい。
[PR]
by yamorimo | 2007-05-23 22:46 | 麻酔
<< アルチバと徐脈 remifentanilのhy... >>