生体肝移植後の半身麻痺

生体肝移植ドナーがヘパリンの過量投与で下半身麻痺という報道がなされた。
いろいろな報道をつないでみると、硬膜外麻酔が原因のようだ。おそらく血栓予防のために使用したヘパリンが主治医のミス?で過量投与であり血腫を形成した様子。この種の症例は、硬膜外鎮痛と血栓症予防のバランスに悩むことがある。これからは硬膜外は使いにくい時代になっていくのかもしれない。
[PR]
by yamorimo | 2006-07-25 00:26 | その他
<< Grand Rounds Longman現代英英辞典 >>