人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Effects of noxious stimulation on the electroencephalogram②

手術室における鎮痛モニタリングの現状

手術を受けている患者の脳波から得られる情報を利用して、全身麻酔をナビゲートすることはますます一般的になってきている。一部の例外を除いて、利用可能な脳波ベースのモニターは麻酔の催眠成分に焦点を当てている。これは、覚醒時の低振幅・高周波数活動から、手術を行うのに十分な麻酔レベルの高振幅・低周波数活動への変化を追跡することで行われる。最も広く使用されている指標は、Patient State IndexPSI™; Sedline, Masimo, Irvine, CA, USA)、bispectral IndexBIS; Medtronic, Dublin, Ireland)、およびエントロピー(SE/RE; GE Healthcare, Helsinki, Finland)である。これらのシステムは相対的な高周波数EEGパワーを測定するように設計されているため、有害刺激後のβ覚醒の検出にはそれなりに感度が高いが、刺激に伴って発生する可能性のある低周波活動の変化(例えば、デルタ覚醒やアルファ脱落)の検出には感度が低い。

処理されたEEG指標を用いた研究を表1にまとめた。より総合的な脳波モニタリングシステムを開発するための課題は、有害な刺激によって誘発される脳波の変化のすべての異なるパターンを検出できるアルゴリズムを含めることである。市販されているほとんどの疼痛モニタリングシステムは脳波パラメータを使用していない。その代わりに、心拍変動、モデル化された薬物およびオピオイド濃度、多シナプス脊髄離脱反射、脈波振幅、心拍間隔、または心電図、BIS、血圧などの多変量モデルが含まれている。

鎮痛成分の評価を明示的に目的とした脳波ベースのモニタリングシステムは少数派だが、脳麻酔反応モニター(BAR; Cortical Dynamics Ltd, North Perth, Australia)、ビススペクトルインデックス(Medtronic)の複合変動指数(CVI)、およびqNOXQantium Medical, Barcelona, Spain)は、異なる周波数範囲での脳波信号のエネルギー間の比率を使用して有害な刺激を追跡するものである。これは、有害な刺激として爪床圧(?)に較正されているが、喉頭展開などの刺激に対しても機能しているようだ。神経場モデリングに基づいたBARは、自己回帰平均と移動平均を使用して、個別の催眠成分と鎮痛成分を推定する。脳波情報は利用可能であり、術中の意思決定に使用されるべきであるため、有害な刺激に対する反応の可能なタイプに関する生の脳波またはDSAの徹底的なモニタリングは、患者にこれ以上のコストやリスクを追加しない。したがって、有害刺激に対する反応をモニターするための脳波に基づくアプローチは、有用なアプリケーションに関連する質問に積極的に応答するので、麻酔モニタリングに関連した追加情報を提供する可能性がある。


by yamorimo | 2021-01-23 21:44 | 麻酔
<< Effects of noxi... Effects of noxi... >>