人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Effects of noxious stimulation on the electroencephalogram

おもしろい総説なので少しずつ訳してみます。オリジナルは各自ダウンロードして下さい。


侵害刺激が脳波に影響を与える

全身麻酔で手術を受ける患者は、手術を経験したことも覚えていることもないことが期待されている。さらに、手術中は十分な鎮痛治療を行い、できるだけ痛みを感じないようにする。臨床麻酔管理の大きな課題は、侵害刺激に対する術中の患者の反応を抑制することである。伝統的に、麻酔の鎮痛成分は主に心血管系の変動によりコントロールされ、市販されているほとんどのモニターは自律神経系の反応を定量化する(次のセクションで説明)。しかし、侵害受容性反応には多くの次元があることを認識することが重要である。(1)体性反応(手足の運動を引き起こす脊髄反射)、(2)自律神経反応(心拍数、呼吸頻度、血管収縮、瞳孔変化の変化を引き起こす脳幹および視床下部の影響)、(3)認知覚醒および記憶形成(注意および記憶のための大脳および皮質を介して媒介される一般的な覚醒を引き起こす皮質下および中脳構造)、および(4)様々な内分泌、凝固および免疫炎症性反応であることを認識することが重要である。有害刺激に対する神経生理学的反応(前頭脳波電極によって測定される)の臨床的意義はあまり明らかではない。これらの反応はより一過性であり、自律神経反応と同時に起こることもあれば、そうでないこともある。しかし、これらの反応は、麻酔が何らかの形で、手術誘発性の組織損傷に対する脳の反応を完全に抑制することができなかったことを示している。この状況が長期的な患者の転帰にどの程度影響を与えるかは、現時点では不明である。

この総説の焦点は、(前頭)脳波記録上の有害刺激の特定の効果、および神経生理学的活動における可能性のある変化を説明することである。脳波の応答は、少なくとも3つの非常に異なるパターンを取ることができる。低用量の麻酔(例えば、オピオイドがない場合の揮発性麻酔薬の維持のために、通常0.51.0MAC効果部位濃度)では、(前頭)脳波はβ1225Hz)の範囲でより強い振動で反応することができる。これはβ覚醒と呼ばれ、痛みを伴う刺激に対する反応として体動とともに起こることが多い。他の反応は、麻酔薬の高用量投与時やバランス麻酔(鎮痛薬+麻酔薬)時に多く、デルタ覚醒とアルファ脱落です。デルタ覚醒は遅い周波数(0.54Hz)の増加であり、アルファ脱落は脳波のアルファパワー(812Hz)の減少である。

これらのEEG反応は侵害受容の神経生理学的バイオマーカーのように見えるが、適切な鎮痛剤の投与によって一貫してその発生を抑制し、臨床転帰を改善できるかどうかは不明である。侵害刺激の強い期間を代表する脳波バイオマーカーを術中に検討することは、系統的で自動化された検索戦略では容易にレビューされないパラダイムシフトである。我々は、これまでの知識を発展させ、主要な論文で見出された参考文献を利用することで、このテーマに取り組んだ。我々は有害刺激への反応として周術期に発生する脳波パターンの記述に焦点を当てていたので、関連文献を(1)処理された脳波指標の反応、(2)生の脳波の反応、(3)動物モデルからの知見にグループ化することを試みた。


by yamorimo | 2021-01-22 10:44 | 麻酔
<< Effects of noxi... 新型コロナ関連の資料一覧(再掲) >>