人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Effect of Tocilizumab vs Usual Care in Adults Hospitalized With COVID-19

Covidによる中等度から重症肺炎へのトシリズマブ(アクテムラ、IL-6受容体抗体)の有用性の検討。そもそもIL-6が上昇していないという報告もありその有用性は限定的か?


https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/2772187


重要性 炎症亢進とインターロイキン-6上昇を伴う重症肺炎は、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の一般的な症状である。目的 トシリズマブ(TCZ)が中等度~重度のCOVID-19肺炎で入院した患者の転帰を改善するかどうかを判断する。

デザイン、設定、および部分試験 このコホート埋め込み型多施設共同、治験責任医師主導の非盲検、ベイズ法無作為化臨床試験は、COVID-19 を有する中等度または重度の肺炎で、少なくとも 3 L/分の酸素吸入を必要とするが人工呼吸を必要としない、または集中治療室に入院していない患者を対象としたもので、2020 年 3 月 31 日から 2020 年 4 月 18 日までの間に実施され、28 日間の追跡調査が行われた。フランスの9つの大学病院から患者を募集した。解析はintention-to-treatベースで行われ、二次アウトカムの多重性の補正は行われなかった。介入 患者は、TCZ(8mg/kg)を静脈内投与し、1日目と3日目に通常の治療を行う群(TCZ群)、または通常の治療のみを行う群(UC群)に無作為に割り付けられた。通常ケアには、抗生物質、抗ウイルス剤、副腎皮質ステロイド、血管拡張剤、抗凝固剤が含まれていた。主なアウトカムと測定 主要アウトカムは、4日目の世界保健機構(WHO)10点臨床増悪スケール(WHO-CPS)のスコアが5以上、14日目の人工呼吸(非侵襲的人工呼吸を含む)を必要としない生存率であった。副次的転帰は、7日目と14日目のWHO-CPSスコアで評価した臨床状態、全生存期間、退院までの時間、酸素供給の独立性、C反応性蛋白質レベルなどの生物学的因子、有害事象とした。

結果 131例中,64例がTCZ群,67例がUC群に無作為に割り付けられ,TCZ群では1例が同意を撤回したため,解析には含めなかった。130例中42例が女性(32%)であり,年齢中央値(四分位間距離)は64歳(57.1~74.3歳)であった。TCZ群では、4日目のWHO-CPSスコアが5以上であったのは12例であり、UC群では19例であった(事後絶対リスク差(ARD)中央値-9.0%、90%信頼区間(CrI)-21.0~3.1)、ARDが陰性となる事後確率は89.0%であり、95%の事前定義された有効性閾値を達成していなかった。14日目に非侵襲的人工呼吸(NIV)または機械的人工呼吸(MV)を必要とした患者または死亡した患者は,UC群よりTCZ群の方が12%(95%信頼区間-28%→4%)少なかった(24%対36%,事後ハザード比中央値0.58,90%CrI,0.33~1.00)。MVまたは死亡のHRは0.58(90%CrI、0.30~1.09)であった。28日目の時点で,TCZ群で7例,UC群で8例が死亡していた(修正HR,0.92;95%CI 0.33~2.53).重篤な有害事象が発生したのはTCZ群で20例(32%)、UC群で29例(43%)であった(P = 0.21)。

結論と関連性 COVID-19と肺炎で酸素サポートを必要とするが集中治療室に入院していない患者を対象としたこの無作為化臨床試験では,TCZは4日目のWHO-CPSスコアを5以下に低下させなかったが,14日目までにNIV,MV,死亡のリスクを低下させた可能性があった。28日目の死亡率には差は認められなかった。これらの予備的な結果を確認するためには、さらなる研究が必要である。

by yamorimo | 2020-11-03 08:39 | 新型コロナ
<< ファイザーのCovid用ワクチ... 英語論文作成に役立つインターネ... >>