人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Large Meta-analysis Digs Into Obesity’s COVID-19 Risks

またまた肥満とCOVIDに関する対談(JAMA)
コロナウイルス病 2019 (COVID-19)のパンデミックの発生初期から糖尿病や高血圧、他の要因の間で、リスクが高いことが明らかになった。しかし、肥満は、ノースカロライナ大学(UNC)チャペルヒル校の栄養学者バリー・ポプキン博士によると、それほど注目を集めていなかった。
Obesity Reviews誌に発表された彼らの最近のシステマティックレビューとメタアナリシスは、COVID-19の感染から死亡に至るまでの状況と肥満との関連性を調査した75の国際的な研究が含まれている。
彼らが発見した効果の大きさは、ベテラン肥満研究者と国際公衆衛生のUNCギリングス学校の栄養学の著名な教授Popkin博士も驚いている。
新規コロナウイルス患者に遭遇したする場合肥満患者は病院に行く可能性と死亡する可能性が50%以上高い。Popkin博士はJAMAとの最近のインタビューで言った。"これらの2つの統計は本当に私を揺さぶった。"
以下は、Popkin博士とのそれらの背後にある可能性のある生物学的メカニズムと肥満を持つ人々の間でワクチンの有効性についての懸念を議論した会話の編集版です。
JAMA:肥満とCOVID-19の関係を研究することはなぜ重要だったのでしょうか?
Popkin博士:政策的な観点から、人々は肥満の問題を無視してきました。そして、世界中で20億人の太り過ぎと肥満の人がいて、もうすぐ25億人になります。肥満は、私たちが健康面で直面している主な問題の一つです。そして私たちは、肥満がCOVIDと大きな関係があることを知っていました。しかし、それはCOVIDを持つ個人のための主要な問題として、糖尿病、高血圧、およびいくつかの他の冠動脈性心臓病対策に関連して、政策立案者や研究者によって無視されていました。
JAMA:世界の過体重や肥満についてもう少し詳しく教えていただけますか?
Popkin博士:世界で太りすぎや肥満の人が20%以下の国は一つもありません。最貧国の多くは今、30%、40%、50%、またはそれ以上の過体重・肥満レベルに直面しています。だからこれは、我々が最初に考える国だけでなく、高所得国の中で肥満レベルのリーダーである米国、英国、オーストラリアのような国だけでなく、地球全体の問題です。
米国では、我々は肥満である成人の43%を持っており、別の25%から太りすぎのカテゴリで30%。私たちは、圧倒的に肥満の個人の数が多い国です。本当に深刻な肥満のレベル、BMIs [ボディ・マス・インデックス]が35、40、あるいは50になったとしても、最も深刻なカテゴリーにいる人の割合では世界をリードしています。
JAMA:あなたの分析では、肥満の人のCOVID-19のリスクが高くなっていることがわかりました。そのリスクについて教えていただけますか?
Popkin博士:COVIDに罹患するリスクから、入院のリスク、集中治療室に入るリスク、人工呼吸器が装着されるリスク、そして最終的に死ぬリスクまで、すべての段階を調べました。私が最も驚いたのは、肥満の成人は、普通体重の成人と比較して、さらに113%の入院リスクを持っていたということです。これは、もしあなたが肥満であれば、COVIDが陽性であれば入院する可能性が2倍以上になります。さらに、COVIDを持っていた場合、さらに74%が集中治療室に入院することがわかりました。しかし、さらに恐ろしいのは、肥満の人は他の人よりもさらに[48%]死亡のリスクが高いということでした。肥満については、人々は小さな効果について話していたが、我々のような方法ではその大きさを示していなかった。
JAMA:COVID-19陽性というだけで、肥満の人はよりリスクが高いこともわかりましたね。
Popkin博士:はい。それは免疫反応の低下に関係している可能性が高いですね。
JAMA:肥満の人のリスク増加の要因となる可能性のあるものについて、もう少し詳しく教えていただけますか?
Popkin博士:肥満者の免疫システムが障害されていることは以前から知られています。我々はまた、肥満患者では代謝機能不全の多くがあることを知っている、とくに脂肪組織は非常に容易に炎症を起こしていること。これら3つのことは、私たちがある程度把握していたことです。これらは糖尿病、高血圧、高脂血症、腎臓病、肝臓病のリスクと密接に関連しています。つまり、これらの経路は知られているのです。
内臓脂肪率が肺に障害を与えることがわかっていますが、肺はCOVIDの影響を受けているので、これも大きな要因となっています。私たちは、人をお腹の上に乗せることが、それを理解するのに役立ちます。
JAMA:あなたの論文では、肥満の身体的特徴がCOVID-19のリスクと重症度を高め、入院患者のケアを難しくする可能性があることを示唆していますね。
Popkin博士:その通りです。肥満の人を体位変換したり、持ち上げたりするのは、非常に大変ですね。
JAMA:肥満の人のワクチン有効性についての懸念は何ですか?
ポプキン博士:私の共著者であるメリンダは本当に重要な研究をいくつか発表していますが、その研究は他の学者によってフォローアップされ、インフルエンザワクチンは肥満者の間ではうまく効果が出なかったことを示しています。明らかに、ワクチンの効果はあります。アメリカではここ数年、一部の人が2回のインフルエンザワクチン接種を受けていますが、これは普通の体重の人と同じように免疫システムに影響を与えるには、より多くのワクチンが必要だからです。
これは明らかに私たちが知っていることです。COVID-19ワクチン[候補]の予備的な研究では、同じような問題があることが示唆されています。COVID-19ワクチンが肥満者にどのような影響を与えるかは、現在の配列ではまだわかっていません。私たちが強く推奨しているのは、試験結果が発表されたら、肥満者にどのような影響を与えるのか、そして彼らに利益をもたらすためにワクチンで追加的なことをする必要があるのかどうかを確認するために、さかのぼって試験結果を見てみることを検討し始めることです。
JAMA:肥満ではなく、太りすぎの人のリスクは増加したのでしょうか?
Popkin博士:残念ながら、それは大きな[知識]のギャップです。私たちが話した論文のどれも、太りすぎの人のために同じ種類のデータを報告していませんでした。これは、世界中の民族集団と仕事をしている私たちにとっては特に気になることです。ヒスパニック系では糖尿病のリスクが高く、アフリカ系アメリカ人ではBMIが低くても高血圧のリスクが高いのです。また、太りすぎや肥満の初期段階では、体重の影響がより深刻になることがわかっています。
そして、同じことが世界中で起こっています。インド人、中国人.... ラテンアメリカ、アフリカ、中東の研究では、これらの人々は、BMIレベルの早い段階で、様々な合併症のリスクがあることを示しています。米国のヒスパニック系集団では、BMIが22、23であっても糖尿病のリスクが大きく上昇することがあります。同じことが、インド、パキスタン、バングラデシュの南アジア人にも当てはまります。BMIが非常に低いと糖尿病のリスクが大幅に上昇することがわかりました。
JAMA:それはCOVID-19のデータのギャップを修正する必要があるということでしょうか?
Popkin博士:その通りです。非常に大きなギャップです。そして、それは本当に世界が肥満の尺度にあまりにも多くを集中しているために、我々はこれらの重要なサブ集団の[過体重]についての我々の知識を無視しているからです。私たちは、白人ヨーロッパ人と白人アメリカ人にとっては肥満が[健康リスクにとって]重要なカテゴリーであるように思わせてきました。
JAMA:BMIの増加に伴ってリスクが増加していることがわかりましたか?
Popkin博士:はい。肥満レベルが35または40の研究では、これらのサブ集団ではリスクが増加していました。これらの研究はまだ十分ではありませんが、BMIが35以上の人は明らかにリスクが高くなっています。BMIが35以上、40以上の人は明らかにリスクが高くなっています。
医療関係について話しましたが、このパンデミックは人々の経済に影響を与えました 人々は家に閉じこもり、買い物から遠ざかっています 食生活全体が変化し、活動パターンも変化しています アメリカや世界中の活動パターンは低下しています。同時に、購入パターンは、すぐに食べられる、すぐに温められるジャンクフードや砂糖入りの飲料に集中しています。これらはすべて、体重増加だけでなく、糖尿病、高血圧、肝臓・腎臓病、冠状動脈性心疾患、多くの癌などの心代謝問題の主な原因であることが分かっています。
私たちの経済システムへの影響は、人々の食生活に与える影響という点で深刻です。低所得者層に行くと、より大きな懸念が出てきます。これらの高度に加工されたジャンクフードや飲料の多くは、健康的な食品に比べて安価です。COVIDは、このような低所得者層の問題をさらに大きくしています。私たちはこのような危機の中で、すべての人々に健康的な食品の選択肢を提供する方法を見つける必要があります。
JAMA:このパンデミックの間に太りすぎや肥満が増加することを懸念しているようですね。
Popkin博士:はい。ダイエットに関する研究はイタリアで1つの小さな研究しかなく、アメリカでは多くの逸話的研究があります。我々は、低中所得国でいくつかの小さな研究を行ってきましたが、すべての人口は、彼らがより多くのジャンクフードを食べるようになったとこに注意してください。ジャンクフードや飲料を製造しているメガ企業のデータを示すいくつかのグループの研究があります。売上が大幅に増加しています。その影響を完全に把握しているわけではありません。米国の過体重や肥満、体重増加にどのような影響があるのか体重測定ができていません。しかし、私たちが知っていることはすべて、この複雑な時期に重要な体重増加を示唆しています。
JAMA:パンデミック期間中の座り仕事の増加を心配されていますか?
Popkin博士:はい。バスに向かう歩方、車に向かう歩方、オフィスに向かう歩方、これらはすべて失われた行動です。ほとんどの企業はオフィススペースを縮小し、より多くの人が自宅で仕事をすることになると思います。
JAMA:ということは、より多くの座り仕事をする時間が増えるということですか?
Popkin博士:1つの小集団の中では。COVIDが終わった後は、他の多くのグループが仕事に戻らなければならなくなります。彼らにとってCOVID期間中の費用は莫大なもので、肉体的、心理的なストレスがかかります。私たちは、この時期のストレスを軽減する方法を見つけ出していませんでした。それがジャンクフードや飲料の消費を増やしているのだと思います。
JAMA:医師に知っておいてほしいことは何ですか?
Popkin博士:私は2つのことを知ってほしいと思っています。もし肥満や過体重の患者がいるならば、もっと注意するように指導する必要があります。マスクを着用すること。彼らが外出していて、家族以外の人と交流しているときには、非常に注意が必要である。同時に、医師は患者に対して、食事と活動について、また、限られた収入であっても、どのようにしてそれらを改善することができるかについて、十分に話し合っていません。私たちはそのようなことをする必要があります。
医師は、肥満や過体重でなくても、体重が増えた人に注意喚起をする必要があると思います。なぜなら、それはすべて急な変化だからです。一度違う食べ方を始めてしまうと、それを変えるのは非常に難しい。それは本当に世界中の肥満や太りすぎに対処するための食事の変更になるだろうから、より健康的に食べるように奨励することは確かに重要であろう。誰もがジムに通ったり、ジョギングをしたりするわけではありません。
しかし、私たちはまた、肥満の個人を恥じることはできません。私たちは、私たちの政府が排除し、規制する必要がある多くの環境原因があることを認識しなければなりません。私たちの国にはそれがありません。私たちは、国民の健康をもっと気にかけ、行動する政府を必要としています。

by yamorimo | 2020-10-16 12:44
<< ベートーベンを聴く③ ベートーベンを聴く② >>