人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Saliva or Nasopharyngeal Swab Specimens for Detection of SARS-CoV-2

CovidのPCR検査のための検体採取を医療従事者の鼻咽頭からの採取 vs 患者自身が唾液を採取で比較した検討。唾液の方が安定して採取できている印象。
現在日本では発症後10日以降は鼻咽頭から採取する必要があるのでこの辺りを再検討が必要か?あとは抗原検査も唾液でOKになると現場としては非常に助かるのだが

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2016359…

現在進行中の Covid-19 パンデミックを制御するためには、迅速かつ正確な診断検査が不可欠である。現在の標準は、SARS-CoV-2 を検出するための定量的逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応 (RT-qPCR) による鼻咽頭スワブ検体のテストを含むが、唾液検体は代替の診断サンプルである可能性がある。

Covid-19 を有する合計 70 人の入院患者が、我々の研究に参加するために書面によるインフォームドコンセントを提供した。入院時の鼻咽頭スワブ検体でCovid-19が陽性であることが確認された後、入院中の患者から追加の検体を入手した。患者自身が採取した唾液検体と、医療従事者が同じ時間帯に患者から採取した鼻咽頭スワブ検体を試験した。

我々は鼻咽頭スワブ検体よりも唾液検体でより多くのSARS-CoV-2 RNAコピーを検出した。さらに、鼻咽頭スワブ検体よりも唾液検体の方が高い割合で、Covid-19の診断から10日後まで陽性であった。診断後1~5日目では、鼻咽頭スワブ検体の71%と比較して、唾液検体の81%が陽性であった。これらの所見から,唾液検体と鼻咽頭スワブ検体は,入院中の SARS-CoV-2 の検出において少なくとも同様の感度を有していることが示唆された.

SARS-CoV-2 を検出するための鼻咽頭スワブ検体の検査結果は、個々の患者における繰り返しのサンプリングによって異なる可能性があるため、我々は、時間の経過とともに一致した検体でのウイルス検出を評価した。唾液検体および鼻咽頭スワブ検体の両方において、症状発症後にSARS-CoV-2 RNAのレベルが低下した。3例において、陰性の鼻咽頭スワブ検体が、次に検体を採取する際に陽性のスワブ検体に続いて採取された;この現象は唾液検体では1回のみ発生した。臨床経過中、唾液検体のSARS-CoV-2 RNAレベルの変動は、鼻咽頭スワブ検体に比べて少なかった。

最近の研究では、SARS-CoV-2 は無症候性の人や外来患者の唾液中から検出できることが示されている。我々は、サンプル収集時またはサンプル収集前に症状を報告しなかった 13 人から得た唾液検体から SARS-CoV-2 RNA を検出した。13名のうち9名は同日に鼻咽頭スワブ検体を採取しており,そのうち7名は陰性であった.唾液検体が陽性であった13名の医療従事者の診断は、その後、認定検査機関による追加の鼻咽頭検体の診断検査で確認された。

鼻咽頭サンプリングのばらつきが偽陰性結果の説明になる可能性があるので、適切なサンプル収集のための内部管理を監視することは、代替的な評価技術を提供することになるかもしれない。医療従事者が入院患者から採取した検体では、唾液検体よりも鼻咽頭スワブ検体の方が大きなばらつきがあることがわかった。また、医療従事者が自ら検体を採取した場合、唾液検体よりも鼻咽頭スワブ検体の方がばらつきがあることがわかった。

患者自身による唾液サンプルの収集は、医療従事者と患者の間の直接の接触を不要にする。採取を医療従事者が行うことは検査数を限定する要因のひとつである。


by yamorimo | 2020-09-02 20:35 | 新型コロナ
<< 新型コロナ関連のビデオ Effect of Remde... >>