人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Time Course of a Second Outbreak of COVID-19 in Beijing, China, June-July 2020

中国での新型コロナの状況はその後報道されないが北京では第2波の流行がみられたがうまく封じ込めたという報告。
JAMA. Published online August 24, 2020. doi:10.1001/jama.2020.15894

2019年12月から2020年3月にかけて中国の武漢で最初のアウトブレイクが発生して以来、1-4重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)は瞬く間に世界中に広がった。中国では流行が収束したものの、2020年6月に北京で2回目のアウトブレイクが始まった。我々は、北京のアウトブ
レイクの予備データを評価し、調査と公衆衛生対応の時系列を提示した。

調査方法
2,4 症例の定義には、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)様症状に加え、鼻咽頭スワブからのSARS-CoV-2逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査結果が陽性の場合が含まれていました。5 発生当時、北京では能動的および受動的なサーベイランスが行われていました4 。対応計画では、直ちに人員を配置し、積極的な症例発見と接触者の追跡、症例と無症状者の隔離、親密な接触者の隔離、移動制限、徹底した環境検査を行うことが指示されました。公衆衛生上の緊急性を考慮し、個人のインフォームドコンセントは必要なかった。中国疾病管理予防センターおよび北京疾病予防管理センターの機関審査委員会は、本研究を承認した。

結果
北京では56日間連続して局所感染が発生しなかった後、6月11日に50歳代の男性で、胸部CTスキャンで頭痛、発熱、浸潤を認めたが、接触歴や旅行歴はないと診断されました。同日にアウトブレイクアラートが発令された(図)。最初に確認された2人の症例は、疫学的にXinfadi農業卸売市場との関連性があり、それ以前の14日間には他の場所、人物、イベントに共通するものはありませんでした。市場は6月12日に閉鎖された。すべての市場従業員、最近の訪問者、感染者の身近な接触者、および周辺地域の住民をRT-PCR検査のために積極的に探した。合計335人の確定症例が診断され、さらに33人の無症状感染者が確認されました。すべての患者は北京大丹病院で隔離され治療を受けた.症状発現(6月4日)から最初の確認症例およびアウトブレイクアラート(6月11日)までの期間は7日間であり、24時間以内に地域住民の封じ込め対策が実施された(図)。診断時には93人(27.8%)が無症状であった.368人のうち、272人(73.9%)が疫学的に市場に関連しており、169人(46%)が市場労働者、103人(28%)が訪問者であった。残りの96人(26%)は他の症例との密接な接触者であった。169人の市場従事者のうち、79人(47%)が魚介類の販売者、33人(20%)が乾燥果物・野菜の販売者、30人(18%)が食肉の販売者、14人(8%)が豆製品の販売者、13人(8%)が清掃員または運転手であった。7月5日以降は、それ以上の事例は検出されなかった。

考察
北京で発生した SARS-CoV-2 感染アウトブレイクは、武漢での発生から得られた教訓に基づき、迅速に検出され、封じ込められた4 。SARS-CoV-2の播種時間と倍化時間6に基づくリスク評価ツールを適用したところ、北京での感染拡大の可能性が高いことが判明しました。しかし、その対応の速さと大きさは、倍化時間の延長とアウトブレイクの抑制に関連しており、大規模な流行の波を回避することができたのではないかと考えられる。武漢と北京の両方で発生したアウトブレイクは、水産物市場に関連していたが、根本原因の究明にはさらなる調査が必要である。本研究の主な限界は、症例データが予備的なものしかなく、環境試験の結果と対応策がまだ分析中であることであった。とはいえ、本研究は、SARS-CoV-2 の発生を食い止めるためには、公衆衛生上の介入策と組み合わせた感度の高いサーベイランス、迅速な調査、迅速な対応が有効であることを強調している。


by yamorimo | 2020-08-27 10:44
<< Effect of Remde... SARS-CoV-2 Infe... >>