人気ブログランキング | 話題のタグを見る

GEのロジックEプレミアム

先日の臨床麻酔学会ではGEのハンズオンセミナーのコースディレクターとブースでの講演を担当させていただいた。この中で参加者から賞賛の声が上がっていたのがロジックEプレミアムである。

GEの機械とはずっと縁がなかったのだが、昨年のバンコクでのNWAC以来、GEのスタッフとの交流が続いている。また、昨年は日野市にある日本工場も見学させていただいた。このような縁で、GE側には日本の区域麻酔領域で超音波装置に求められるモノを率直に伝えることができた。そのようなcollaborationの成果ともいえるのがこのロジックEプレミアムである。

GEのロジックEプレミアム_a0048974_21202066.jpg

ではその性能を私の体でみてみよう。

リニアプローブはまだ改良の余地がある。
GEのロジックEプレミアム_a0048974_21215317.jpg

これは鎖骨下の画像。大胸筋と小胸筋、神経束が明瞭に確認できる。これなら腕神経叢ブロックやPECSブロックは簡単に行えそうだ。

GEのロジックEプレミアム_a0048974_21235992.jpg

こちらは胸部傍脊椎ブロックの画像。以前のGEの機械は胸膜の描出がきれいではなかったがこれは明瞭にみえる。

GEのロジックEプレミアム_a0048974_2125196.jpg

閉鎖神経。筋肉がこれほどきれいにみえるとは驚き。

この機種の売りはコンベックスプローブ。ハンズオンでは描出が容易でインストラクターの先生方も指導が楽だったのではないだろうか。もちろんHadzic先生も絶賛であった。
GEのロジックEプレミアム_a0048974_21262089.jpg

GEのロジックEプレミアム_a0048974_21264370.jpg


もひとつの売りが高周波数のリニアプローブ。こちらは私の橈骨動脈。この性能なら小児の血管確保にも活用されるだろう。
GEのロジックEプレミアム_a0048974_21292736.jpg


ということで、現状では私の一押しの超音波装置はGEのロジックEプレミアムである。もちろん現状ではということで来年に向けて各社、これを上回る高性能機を出してもらいたい。キーワードcollaborationである。
by yamorimo | 2014-11-14 21:32 | PNB
<< ロジックEプレミアム追加 ドレーゲル ペルセウスA500 >>