人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ロケット太陽号の危機

サンダーバードの第3話は「ロケット太陽号の危機」だ。これは私の最も好きな作品である。

太陽に向かったロケット太陽号が制御不能になる。救出に向かったサンダーバード3号は太陽号の逆噴射ロケットを点火させるのに成功するが、逆に制御不能になってしまう。最後は地球からサンダーバード2号からの放射線?でサンダーバード3号の逆噴射が成功するというストーリーだ。
これまでよく分からなかったのは放射線という単語で、何故地球から放射線を送ってロケットの逆噴射装置が起動するのか分からなかった。
今回DVDの英語版で聞くと、太陽の放射線レベルが高くてロケットの制御システムが干渉を受けるとブレインズは説明している。このため地球から電波を送って逆噴射装置を起動させる必要がある。この電波はradio beamと表現されているが、何故か放射線と訳されていたようだ。40年以上の謎が解けた気分である。
by yamorimo | 2011-07-15 00:15 | その他
<< 超音波ガイド下CV穿刺を考える② 超音波ガイド下神経ブロックハン... >>