人気ブログランキング | 話題のタグを見る

呼び水

iLarynx、うちの麻酔科では初期研修医まで熱中するゲーム?になっています。

そんな今日、斜角筋にカテーテルをいれて麻酔導入、さあ挿管と思ったら患者の口が開かない。
確かに、DAMでは普段問題なくても麻酔すると口が開かない人っているんですよねと、説明しているがここまで重症は始めてだった。換気はできるのでゆっくり考えてみる。

ATQは入らない。スモールだと入るかもしれないが、スパイラルの8.0を準備しているので有効に使いたい。
AWSはチューブが入らないので麻酔導入前に断念していた。
ビーチチェアー位なので、LMAはちょっと不安。
やはりファイバー挿管しかないが、スパイラルの8.0だからまず経口でいこう。

早速、オバサピアンエアウェイを挿入。きつきつだが何とか入った。ここまできたらあとは、iLarynxの世界だ。すみやかに経口ファイバー挿管完了。よく考えると先月のDAM実践セミナーではここを担当していた。やはり日頃の練習が大切だと思った1例だった。

というわけで、当院で開催予定のDAMセミナーの予定はこちらをご覧下さい。
by yamorimo | 2011-06-08 21:15 | DAM
<< 超文献管理ソリューション iLarynx >>