GEBのクリック

麻酔科医ハナ第3巻に、挿管困難例にGEBを使用する場面があります。DAM実践セミナーなどでGEBを担当すると意外に使ったことがない人が多いように思います。きちんと取材して書かれていますので参考に?して下さい。
GEBのポイントはコツコツ感を感じることです。用語としてはクリックですが、このコツコツ感がよく分かる自作の動画を紹介します。エアトラックで挿管を試みるものの、コントロールできずGEBを挿入。このときコツコツと入っていきます。



ハナに出てくるマッコイは、Sanuki先生やSH先生にいわせると邪道なのだそうです。ただマッコイを使うとグレードが0.5くらい改善しますのでGEBを使うときには有用かと思っています。この場面でもあるように、いろいろな引き出しを持っている方が何かの時に役に立ちます。但し、経験のある指導医の元でというのが条件です。DAMの基本はあくまでも人を集めることです。あとはいつ引き返すか?ですね。

ちなみに、挿管チューブの交換には先が曲がっていないタイプを使います。またLMAスプリームを挿入する際は、GEBをまず食道に入れて、これを胃管用の穴にいれてガイドにすると成功率がアップします。メーカーとしてはスミスメディカルかクックから発売されていますので麻酔科学会でご確認下さい。
[PR]
by yamorimo | 2011-05-04 21:37 | 麻酔
<< キーボードカバー 動画をいくつか >>