人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ぬるぬる系ボールペン

何度かミツビシのジェットストリームというボールペンを紹介してきた。
最近はこの種の低粘度油性インクを使ったボールペンが各社から発売されてきたので集めてみた。
ぬるぬる系ボールペン_a0048974_22453429.jpg



左端は、ゼブラのスラリ。油性と水性の性質を併せ持ったエマルジョンインクを使用しているという。クリップや軸の色合いは結構使いやすい。欠点は同じ0.7mmではやや太めになること。単色タイプの0.5mmが丁度いい。ただ単色タイプは普通のボールペンにしかみえない地味なデザインが損をしている。、

そのとなりはパイロットのアクロボール。クリップや軸のラバーの感じはよいが、ぬるぬる感でジェットストリームには劣る感じ。

さらに右側は、ぺんてるのビクーニャ。単色タイプは派手なカラーリングだが、ちょっとラバーの感じが好きではない。書き味もジェットストリームにやや劣る印象。

最後がジェットストリーム。やはり完成度の高さで1番か?ただクリップ部が弱いのが欠点。できれば1000円くらいの高級タイプで使いたい。
あと、この種のボールペンは消耗が早いので気に入ったものは容量の多い単色タイプで使った方がよい。

書いた感じがこれ。
ぬるぬる系ボールペン_a0048974_23383113.jpg



やはりスラリがやや太めにみえる。いずれにしても種類が増えたのでいろいろ使ってみたい。
by yamorimo | 2011-04-26 23:39 | その他
<< セボフルラン vs デスフルラン⑥ CaptureStream続 >>