人気ブログランキング | 話題のタグを見る

麻酔科医のためのiPad

実はiPadを入手して1ヶ月くらいになります。このデバイスをどう使っていくのか自分でもよく分からなかったのですが少しつかめてきたので紹介していきたいと思います。

まず基本的には大きなiPhone/iPod touchということです。これらのデバイスを使っている人であれば容易に併用可能と思います。

麻酔科医のためのiPad_a0048974_23123029.jpg



さすがに大きいので部屋でiPodとして使う分には迫力があります。となりのiPod touchと比べてみて下さい。この画面をメインにホームオーディオとして使うというのもアリだと思います。

画面が大きいので例えばAnestAssistだと本当に見やすくなります。
麻酔科医のためのiPad_a0048974_23154924.jpg



もちろん大きいというのはデメリットもあるのでiPhone/iPod touchと併用というのが理想的だと思います。

iPadにもいろいろありますが、私の購入したのはWi-Fiモデルの32GBです。これはiPod touchの8GBを使ってそれほど困っていないこと。そうはいってもメモリの増設ができないので少し余裕が欲しいというところからの選択です。基本、車通勤なので、3G回線を使う必要性はあまり感じませんでした。

次回は無線LANの使えない職場での使用について紹介します。
by yamorimo | 2010-08-15 23:22 | 電脳グッズ
<< 麻酔科医のためのiPad② TVシンポジウム内容抜粋 >>