<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本臨床麻酔学会②

日本臨床麻酔学会の続き。
超音波装置について。
今回の学会では新しい超音波装置がいくつか目に付いた。

こちらは日本メディカルネクストが扱うBKメディカルの装置。18MHzのリニアプローブは画質が良好です。このザク色が受け入れられるのか?
a0048974_2385355.jpg


EZONOの新型はテルモ扱いの予定。但し、注目の針のトラッキング機能はまだ付いていません。
a0048974_23115499.jpg

ブラザーのヘッドモニターもテルモが扱うそうです。
a0048974_23135317.jpg


自分のハンズオンではシーメンスの機器を使用しました。
こちらはACUSON P300という汎用の超音波装置。これも18MHzが使えます。画質的にもう一歩かな。ただセミナー中もプリセットの変更で画質が向上したのでこれからのチューニングに期待です。
a0048974_2316219.jpg


同じく18MHzのコニカミノルタの装置には触れる時間がありませんでした。別の機会のレポートしたいと思います。

ということで来年は続々麻酔科領域への新規参入と、それを迎え撃つソノサイト、GEのバトルが見物です。
[PR]
by yamorimo | 2015-10-25 23:18 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

日本臨床麻酔学会

日本臨床麻酔学会、2日目と3日目の2日間参加しました。

基本セミナー系の部屋にいたので講演等はランチョンをひとつしかきいていません。そこで機械展示からめについたものを。

こちらはエドワーズの指先で連続的に血圧を測定するモニタ。EV1000をお持ちなら追加機器をそれえればOKです。消耗品がフロートラックくらいするので保険で承認されるかどうかが鍵でしょうね。指先で動脈圧を連続的にというのは昔からあったコンセプトではあります。
a0048974_17223460.jpg

こちらがモニタ画面。
a0048974_1723331.jpg

指先のセンサー。ちょっと痛かった。虚血をさけるために時間制限があるとのこと。

a0048974_17251517.jpg

こちらはコビディエンの血管可視化装置。近赤外線を当てて動脈と静脈を可視化します。よくみえますが、これを使って穿刺するとなると慣れが必要そうですね。超音波が気軽につかえる今優劣が気になります。

a0048974_17291991.jpg

こちらマシモの脳波計+パルスオキシメーター。パルスオキシメーター自体もどんどん進化していますがすみません資料をもらうのを忘れていました。

a0048974_1734096.jpg

こちら日本光電のモニタ。薬物のシミュレーション機能を搭載しています。自動麻酔記録装置のない施設ではこのような方法もありですね。今後試用しましたらレポートします。

最後に各社の麻酔器を。現状ではこの3機種が注目機種です。来年はこれらの優劣について語る機会がありそうですのでお楽しみに。
ポイントは、End-tidal Control vs Predictionです。
a0048974_17403791.jpg

a0048974_17383984.jpg

a0048974_17394965.jpg

[PR]
by yamorimo | 2015-10-24 17:41 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

麻酔科医のための区域麻酔スタンダード

こちらは麻酔科医のためのシリーズ最新刊「麻酔科医のための区域麻酔スタンダード」

カラーが多くてきれいにまとまっています。わたしも2コマ執筆しました。学会場でご確認の上、値段に見合っていると思われればお買い上げ下さい。どうしもカラーの多い本は高くなってしまいますね。
[PR]
by yamorimo | 2015-10-17 18:09 | PNB | Trackback | Comments(0)

臨床の疑問に答える静脈麻酔Q&A99

そろそろ臨床麻酔学会、いくつかの新刊が出そうです。

そんな中絶体のお勧めは「臨床の疑問に答える静脈麻酔Q&A99」です。私も全体の1/5くらいのネタを担当しています。静脈麻酔のエキスパートがQandA方式で臨床の疑問に答える企画。学会場でぜひご覧下さい。
[PR]
by yamorimo | 2015-10-17 17:16 | 書評 | Trackback | Comments(0)