「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本区域麻酔学会第1回大会

日本区域麻酔学会第1回大会が岡山市で開かれた。

今回は超音波装置の新顔が注目だった。

まずはGEのVenue。バージョンアップして操作性と画質が向上している。これなら神経ブロックにも十分使える。

a0048974_22385792.jpg


もう一台はロジックEの新型。こちらも大幅に画質が向上している。聞けば昨年我々がGEの工場を見学したときに意見交換を参考に徹底的に画質を変えてみたという。こちらは試用中の佐倉先生。腰神経叢の描出も楽々という感じだった。

a0048974_22421495.jpg


リニアプローブにはボタンが4つあり自由に機能を割り当てられる。フリーズとか使用頻度の高い操作を手元で可能ということだ。

a0048974_22452699.jpg


もひとつ注目はSIEMENS。ワイヤレスのリニアプローブは手元での操作も可能。これまでにないいろいろな持ち方が可能と思われた。現在のリニアプローブはやや幅が狭いので使用目的によって長所にも短所にもなるだろう。

この機種は昨年9月のNYSORAでは使えそうになかったのだが日本向けに画質をチューニングして学会に臨んだということで十分な性能であった。

a0048974_22463895.jpg


すでに超音波装置のある施設も買い増しの時にはいろいろな選択枝ができてきたということ。麻酔科学会でぜひ確認してみていただきたい。
[PR]
by yamorimo | 2014-04-26 22:49 | PNB | Trackback | Comments(0)

神経ブロックのタイムアウト

手術室でのタイムアウト、広く普及していると思うが神経ブロック時はどうだろう。患者の手術部位、左右、施行するブロック、使用する局所麻酔薬の種類と量など確認してから行うことで事故を防ぐことができる。

こちらにタイムアウトの方法についてのビデオを紹介しておく。これを参考にブロック前のタイムアウトを確実に行っていただきたい。


[PR]
by yamorimo | 2014-04-20 21:26 | PNB | Trackback | Comments(0)

第4回Neuromuscular Meeting

第4回Neuromuscular Meetingが東京のザ・プリンスタワー東京で開かれた。

a0048974_0573994.jpg


まずはMSD Award受賞記念講演

千葉大学池田先生
マスク換気時の筋弛緩薬の使用についてはいろいろな意見がある。マスク換気のできるのを確認後筋弛緩薬を入れるべきとの意見がある一方で筋弛緩薬を使用することで容易になる症例も多い。
マスク換気時の筋弛緩薬の使用についてはロクロニウムは一回換気量を減少させないあるいは換気量が増加するという報告がある。そこでマスク換気に及ぼす筋弛緩薬の影響について検討した。

換気については口鼻分離マスクを作成し、口呼吸と鼻呼吸を分けて検討した。

ロクロニウム投与によりマスク換気量は減少しなかった。
サクシニルコリン投与により換気量は増加した。この増加は主として口呼吸有意に増加した。気管支ファイバーでの観察では軟口蓋と舌との間のスペースが増大していた。

質疑応答
問:脱分極性筋弛緩薬と非脱分極性筋弛緩薬では上気道の筋の感受性が違うということか?
答:ファスシクレーションが重要と考える

鈴木先生
BJA 2011;106:823
成人と高齢者でのロクロニウム、スガマデクスの作用の違いについての検討

高齢者ではスガマデクス投与からTOF90%までの時間が有意に延長

Rosenberg先生
外科医の立場から手術時の麻酔について言及

まず、外科医と麻酔科医はsame goalを共有している。
do not harm
improve outcome

この目的で外科医と麻酔科医はもっとコミュニケーションを取るべきと。

腹腔鏡下手術では、
improve field of view
safety
no coughing or sudden contraction
が重要
even the slightest muscle tone will decrease the field of view
腹腔鏡下手術での深い筋弛緩の重要性を強調

さらに体動は、injury caused by instrumentを起こす

最後はHunter先生
リバプールの女性麻酔科医。BJAのエディターも経験。

歴史から、
Liverpool technique
当初は筋弛緩の拮抗なし
その後ネオスチグミン5mg

ところがネオスチグミン5mgは筋弛緩作用がある可能性

ベクロニウムでの検討では、
ネオスチグミン2.5mgと5mgで差はない

以前はTOFR 0.7以上が抜管の目安だったが、現在では0.9以上が求められる。

筋弛緩モニターはどのような症例でも推奨。
[PR]
by yamorimo | 2014-04-13 00:57 | Trackback | Comments(0)

ポートアイランド散策

休日に日本麻酔科学会事務局までいく機会があったので早めにポートライナーを降りて散策してみた。

ポートアイランドの南側は桜の木が多く花見をしている人も多かった。

a0048974_23584590.jpg


ちょうどスズメがいたのでパチリ。こんなにきれいにスズメが撮れたのは始めて。ここの鳥は人を恐れない。

a0048974_23595168.jpg


もう一枚。こちらはヒヨドリ。花が好きな鳥ではあるがどうもきれいではない。撮影中、オバサンの二人組からメジロがいますか?と声をかけられた。やはり花といえばそんな鳥が似合うのだろう。ヒヨドリですがというとそそくさと立ち去られた。

麻酔科学会事務局周辺はカメラを持って散策にはよい場所ではないかと思われた。

ちなみにこちらが後日撮影したメジロである。よくウグイスと間違えられるのでご注意を。
a0048974_035133.jpg

[PR]
by yamorimo | 2014-04-12 00:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

新刊の予告

このところ更新が滞っていますが、現在5月発売を目指して新刊の最終確認中です。内容については発売が決まりましたらお知らせします。このブログの内容がパワーアップされて本になった感じの新刊ですのでご期待下さい。
[PR]
by yamorimo | 2014-04-02 00:32 | その他 | Trackback | Comments(0)

CaptureStream

新年度になりNHKの語学講座ダウンロードソフトのCaptureStreamが更新されています。旧バージョンでは先週分がダウンロードできませんのでご注意ください。
なお、新バージョンですが私のWindows8.1ではダウンロードできなくなりました。もう一台のWindowsXPでは大丈夫です。うまくいかない場合はWindowsのバージョンの違う機種でもお試し下さい。

ダウンロードはこちらです。
[PR]
by yamorimo | 2014-04-02 00:29 | 英語 | Trackback | Comments(0)