「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

麻酔科医のためのデジカメ選び②

引き続いてSX50HSの作例を。

私がずっと狙っている構図に月と飛行機がある。よく月と飛行機が重なっている写真はどうやって撮るのだろう。これは個人的には最も接近した1枚である。

a0048974_215785.jpg


センサーサイズの小さなコンデジは高感度に弱い。この写真も少しノイズが多いがweb上でみるには十分な画質である。

もう1枚、夕焼けとB787。デジイチと比べて軽量で気軽に撮れるのが長所だ。

a0048974_2181067.jpg


夕焼け。こちらもデジイチだともっとなめらかな画質になるのではないかと思うが個人的には十分美しい。
a0048974_2192474.jpg


最後に月齢13の月。やはり得意分野はこのように明るい対象になる。

a0048974_21112068.jpg

[PR]
by yamorimo | 2013-08-20 21:11 | その他 | Trackback | Comments(0)

麻酔科医のためのデジカメ選び①

最近、デジカメの進歩が半端ではない。これは電子技術の進歩意外にスマホの進歩によりカメラ単体としての存在価値が問われているのも要因だろう。この結果としてデジカメは高倍率ズームあるいは高画質どちらかの方向へ進むしかなくなってしまった。今や1万円クラスの機器でも10倍ズームが付いているのは当たり前で、WiFiによるスマホとの連携など最新型はより多機能になっているのだ。
そこで私の手持ちの機器を使って今時のデジカメについて解説してみたい。

まずは、最近購入したCanonSX50 HSである。

最近この種の一見デジタル一眼レフという趣の高倍率ズーム機が一部で流行っている。SX-50は50倍ズームというこれまででは考えられない高倍率のズームレンズを搭載しており望遠端では35mm換算で1200mmという望遠鏡みたいなカメラだ。これをデジタル一眼レフで実現するには数本のレンズが必要で特に1200mmというレンズは百万円を超してしまうし持ち運べるモノではない。それを考えると夢のようなカメラといえるだろう。もちろんセンサーサイズは一般的なデジカメと同じ小型のものなので画質という面では差があるのだが5万円以下という価格を考えると納得以上のできだといえるだろう。

これは広角端。中央にほとんど分からないがサギがいる。
a0048974_20103735.jpg


ここをアップしていって、望遠端からさらにデジタルズームで2400mm相当にするとこの絵になる。
a0048974_20115428.jpg


強力な手ぶれ補正のおかげで手持ち撮影でもこの絵である。ただ止まっている対象はOKだが動いているとさすがにAFが付いていかない。シャッター速度なども適切に設定しないとぶれてしまう。そんなときには高感度に弱い小型のセンサーは不利である。その意味ではデジイチを使っている人がサブで軽く撮るのに向いているともいえるだろう。

もう1枚月の写真。強者は木星や土星も撮影に成功しているようだ。
a0048974_20162528.jpg


このカメラの適正はこれらのネイチャー系が主になる。運動会で使うにはAFの性能などでデジイチがよいだろう。おとなのオモチャと思えばよいカメラである。

この種の機器はいくつかあるが、現在のところ評価が高いのはこのSX-50。ここまで高倍率でなくてよいならLUMIXのFZ-200がよいだろう。
[PR]
by yamorimo | 2013-08-17 20:21 | 電脳グッズ | Trackback | Comments(0)

Web Refresher Course

来月の9/18にアストラゼネカのWeb refresher courseで「声門上デバイスとTIVA」について語ります。声門上デバイス好きの麻酔科医の皆さんはもちろん、何でも挿管という皆さんまで最新の声門上デバイスを使った麻酔管理についてご確認ください。
登録はこちらから。
[PR]
by yamorimo | 2013-08-12 20:54 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

夏の飛行機

時々飛行機ブログになりますが、その第1弾で地元の空港からのB787の離陸の動画です。最後までみると夏の感じを味わえると思います。You tubeのブレ補正が入っているので動きがちょっと不自然です。


[PR]
by yamorimo | 2013-08-04 23:37 | その他 | Trackback | Comments(0)

CaptureStream

NHKの英語講座をダウンロードできるcapturestream、8月からのNHKの変更によりダウンロードできなくなっていた。ところが作者他のご尽力で最新版が公開され再びダウンロード可能になっている。こちらからご確認を。
[PR]
by yamorimo | 2013-08-04 20:51 | 英語 | Trackback | Comments(0)