<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アストラゼネカのWeb Refresher Course

アストラゼネカのWeb Refresher Course、私の担当分が無事終了しました。

さて、放送後の質問で一部講義の内容で説明が十分でなかった可能性があるので補足です。

出血による血液希釈の問題です。
血液中ではプロポフォールの97%が蛋白と結合しています。しかし薬理効果は非蛋白結合のプロポフォールによるものです。出血や人工心肺などの血液希釈により蛋白濃度が低下すると非蛋白結合型のプロポフォールが増えて薬理作用が増強する可能性があります。
実際に、人工心肺で血液を2倍程度に希釈すると、血中濃度は変化しなかったものの非結合型のプロポフォール濃度は2倍に上昇したとの報告があります。
Hiraoka H, et al. Clini Pharmacol Ther 2004;75:324

長田先生との討論しましたように、膠質液1000ml程度の投与ではまず問題ないと思いますし、BISをモニターしていれば必要なら調節できると思います。

いろいろな状態でのプロポフォール投与の考え方は真興交易から出ている「麻酔薬の薬物動態」が詳しいですので御参照下さい。
[PR]
by yamorimo | 2012-11-20 22:57 | 麻酔 | Trackback | Comments(1)

アストラゼネカのWeb Refresher Course

アストラゼネカのWeb Refresher Course、私の担当分の放送がいよいよ来週月曜日となりました。
当日いきなり視聴はできませんので、前日までにWebページから登録をお願いします。

前回の讃岐先生担当分は金曜日まで再放送中です。こちらをご試聴の上、私の講演をお聴き下さい。
[PR]
by yamorimo | 2012-11-16 01:03 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

臨床麻酔学会④

臨床麻酔学会2日目。ビデオシンポジウムでの討論中ではTKAについて3人のアプローチがみな違っていて面白い討論になりました。ちなみに、
①spinal+FNB+SNB(ブロックは単回、ただしブプレノルフィンとアドレナリン添加)
②全身麻酔+CFNB+SNB(CFNBは短軸交差法(動画は大腿神経刺しそうでちょっと怖かった)(FNBは大腿の中程で側面から当ててリニアプローブ使用)
③全身麻酔+CFNB(短軸平行法)+SNB(選択的脛骨神経ブロック)
ちなみに私は③の酒井先生の方法で行っています。

もうひとつは上腹部手術。私はsubcostalTAP blockについて発表しました。
動画はこちらです。


[PR]
by yamorimo | 2012-11-08 22:02 | PNB | Trackback | Comments(0)

日本臨床麻酔学会③

日本臨床麻酔学会の続き。新しい麻酔器エイシスの紹介。

デスフルランを使ってみると分かるのだがこの麻酔薬は低流量麻酔必須である。多くても2L/minくらいで使わないと消費量が多すぎて使いにくい。ただ低流量麻酔では気化器の設定濃度と実際の呼気濃度との差が大きくなるという欠点がある。そこで登場したのがエイシスのEtControlである。

新しいエイシスでは通常のモード以外に、EtControlモードを選択できる。このモードではあたかも静脈麻酔薬のTCIのように目標とする呼気吸入麻酔薬濃度を設定するとその濃度になるように自動的に吸入濃度を調節してくれる。ガス流量は最低流量を設定、麻酔ガス濃度を変化させる際は流量を増やして速やかに濃度を変化させる。
もちろんよく分かっている麻酔科医にとっては不要な機能だが安全に低流量麻酔を行うには有用な機能であろう。

ということで、デスフルランの登場で一気に低流量麻酔の時代が到来した感がある。この変化は国内の麻酔器にも大きな影響を与えるのは必至である。少なくとも10年以上前の麻酔器では現在の吸入麻酔には対応できない。
[PR]
by yamorimo | 2012-11-05 22:38 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

日本臨床麻酔学会②

学会期間中は更新できなかったので2日目以降をまとめていきます。

機器で目についたのがテルモの新しいポンプです。輸液、シリンジ両タイプが専用のラックにきれいにまとまります。電源もラックから取れるのでケーブルもありません。
a0048974_2233381.jpg


ガンマ計算が出来るタイプでは薬液のデーターをプリセットできます。これも便利ですね。
a0048974_2243031.jpg


将来的にはディプリフューザーもこのタイプに更新予定のようです。Open TCIポンプも期待しています。

こちらは日本メディカルネクスト(旧小林メディカル)の教育機能付き超音波装置。教材を充実させると数台の装置の中の1台として使えそうです。
a0048974_22103916.jpg


学会期間中は天候がやや悪かったのですが最終日午後には晴れてきました。会場のビッグパレットは震災後の初舞台ということで福島の今後の復活を祈っています。
a0048974_22121041.jpg

[PR]
by yamorimo | 2012-11-04 22:12 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

日本臨床麻酔学会初日

日本臨床麻酔学会初日の印象など。まず私は飛行機のトラブルで昼には着く予定が2時過ぎになってしまった。そのため機械展示しかみていない。

全体的には閑散とした感じ。交通の問題もあるかもしれないが参加者は少なそうである。

本学会の目玉と思われる、MacGRATH。特製の台座にのっていた。

a0048974_2238342.jpg


このデバイスがマッキントッシュ喉頭鏡を駆逐できるのかが今後の注目であろう。

DragerのSmartPilot。ポンプとの接続を含むフルセット。まだ最後の詰めが足りない感じである。

a0048974_22474796.jpg


明日はフル参加ではあるが参加者はどうだろうか?

2日目はDAM実践セミナーと午後の神経ブロックのビデオシンポを担当します。
[PR]
by yamorimo | 2012-11-01 22:48 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)