「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本静脈麻酔学会(写真編)

静脈麻酔学会そのには写真編。

a0048974_9241599.jpg

琉球大学の垣花先生たってのご希望で記念写真。ここに掲載する約束でした。

a0048974_9251624.jpg

こちらはイブニングでの講演もあったDragerのSmartPilotです。ポンプとの接続も可能になり完成に近づいてきました。

a0048974_9271338.jpg

こちらはランチョンの木山先生のスライドです。ある特殊な集団の全国分布図です。イニシャルがすべて分かった方はコメントに書き込んでみて下さい。

a0048974_9291319.jpg

これは往路での機内写真。神戸上空です。

a0048974_9302262.jpg

最後宣伝です。そろそろスライド作らなければ。ご試聴よろしくお願いします。
[PR]
by yamorimo | 2012-09-30 09:31 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

日本静脈麻酔学会

札幌で開催された日本静脈麻酔学会へ参加した。

まずは今年中にも治験の開始される新しい静脈麻酔薬レミマゾラムの話題。演者は治験代表施設である浜松医大の土井先生。

レミマゾラム(ONO-2745)は長短時間作用性ベンゾジアゼピンであり非特異的エステラーゼにより分解される。

基本的にはミダゾラムにエステル結合を付けた構造。薬理作用はミダゾラムに近い。

ベシル酸塩の形で水溶性である。

第I相試験
静脈内単回投与
成人男性は0.2mg/kg
高齢者は0.1mg/kgで意識消失。

薬物動態は年齢に依存しない。人種差もなさそう。
レミフェンタニルほどは消失は早くない。

静脈内持続投与では、
BIS 65.5で50%、54で95%が無意識であった。

第II相試験
レミフェンタニル0.25μg/kg/minを併用し、BIS53以下にコントロールするプロトコール。
麻酔導入のみ or 維持で検討。

導入は0.2mg/kg/min、高齢者0.0672mg/kg/minで70〜110秒で意識消失。
血管痛はなし。

維持は、1mg/kg/h、高齢者0.72 mg/kg/h

開眼まで14分。フルマゼニルを使用すると覚醒。

プロポフォールに対して、
作用発現、消失は同等。

有利な点。
拮抗薬を持つ。
血管痛がない。
水溶性。
循環安定性。

質疑にて、
臨床的にはバラツキが大きい印象。
CSHTはプロポフォールのように麻酔時間が長くなると延長しないと考えられるが、マダ分からない。

私見
ベンゾジアゼピンの欠点として脳波モニタが使いにくい(doseを増やしてもBISが低下しない)という点があるが、この点がどうなのか。治験の持続静注はレミフェンタニル併用でBISが53以下になったのかもしれない。
いずれにしても導入薬としては非常によい特性を持ち、麻酔維持にも有望な静脈麻酔薬という印象を持った。
[PR]
by yamorimo | 2012-09-29 19:51 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

SONY HX-30V

約一年ぶりに日頃持ちようのコンパクトデジカメを買い替えた。
これまではNikon COOLPIX S6200。コンパクトなボディに10倍ズームと欲張ったカメラで比較的すきな画像だったが、望遠端でピントが合わなかったりマクロが弱いなど不満も多かった。もちろん実売1万円台のカメラなのでこんなものかと思っていた。

買い換えを考えたのはNikonのP510という40倍ズームの機種が3万円台で出たこと。ネットで調べると月もきれいに写っている。ただ持ち歩くにはデジイチを小さくしたような外観と500gを超える重量はちょっときつい。そこでコンパクトなボディに20倍ズームのSONY HX-30Vを選択した。5年保証を付けて2万5000円というところだった。

今時写真はスマホできれいに撮れるのだが、やはり20倍ズームは凄い。しかも独自のデジタルズームでさらに40倍までは画質劣化が少ないとの謳い文句。低照度では勝手に多重露出して複数の画像を重ねて感度アップするなど、まさにデジタルカメラである。

こちら月を撮影したモノ。これが望遠端ではあるが一昔前なら天体望遠鏡でなければ撮れなかった画像が2万円台のカメラの手持ち撮影で撮れるだから凄い。ちなみにこの機種では露出を-2補正でちょうどよかった(もしくはスポット測光)。高倍率のコンデジをお持ちの方は挑戦してみて頂きたい。
a0048974_22193582.jpg

[PR]
by yamorimo | 2012-09-25 22:22 | 電脳グッズ | Trackback | Comments(0)

英文雑誌のiPadアプリ

英文雑誌のiPadアプリが充実してきている。
Anesthesia and Analgesia、Anesthesiologyに続き、British J Anaesthesia、European J Anaesthesia、Regional Anesthesia and Pain Medicine、Current Opinion in Anesthesiologyなどが使用できる。
また、神経ブロックの教科書としてHadzic`s Peripheral Nerve BlocksもiPadアプリ化され一部無料で閲覧できる。いろいろお試し頂きたい。
[PR]
by yamorimo | 2012-09-18 22:16 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

日本静脈麻酔学会

月末の日本静脈麻酔学会の抄録を閲覧可能になっています。例年よりも演題数が多い印象です。

私は術中覚醒アンケートの結果をTIVA中心に解析して発表する予定です。
[PR]
by yamorimo | 2012-09-09 13:25 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

麻酔科医ハナ

麻酔科医ハナの第4巻が予約開始です。
ちょっと先ですがアマゾンでは予約可能でした。
[PR]
by yamorimo | 2012-09-09 01:16 | その他 | Trackback | Comments(0)