<   2009年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

エコーガイド下中心静脈穿刺

エコーガイド下中心静脈穿刺に関する連載が日経メディカルオンラインで始まっています。
徳嶺先生の本をお持ちの方には必要ないですが、ご興味があればご覧下さい。

うちの病院では癌の化学療法のために鎖骨下静脈にIVHポートを留置します。週に2-3例はやっているようです。基本的には外科がやるのですが、困難な症例は私のところに依頼が回ってきます。外科医も私の手技に興味はあってエコーガイドで穿刺するところまではいきましたがなかなかうまくいかないようです。ある種最後の砦的な立場です。

私は、中心静脈穿刺の技術に関しては麻酔科医は院内でも指導的立場にあるべしと常々思っています。そんな訳で、麻酔専門医としてはエコーガイドでの鎖骨下(腋窩)静脈穿刺の技術は必須と思います。
[PR]
by yamorimo | 2009-12-27 00:46 | 中心静脈穿刺 | Trackback | Comments(0)

年賀状の季節

早いもので年賀状の季節になりました。
最近は宛名書きは自筆でと思っているのですがどうも筆ペンは使いにくい、ということで今年活躍しているのはプラチナから発売されているPreppyです。210円のわりには書き味のよい万年筆で自宅用と仕事用に2本持っているのですが、今年出た中字(0.5)が宛名書きに丁度よい太さです。筆ペンよりも使いやすく、ボールペンよりも味があります。
[PR]
by yamorimo | 2009-12-26 21:37 | その他 | Trackback | Comments(0)

OPEナーシングデビュー

松坂のK先生のおかげであこがれのOPEナーシングデビューを果たしました。
借りてきた猫のような文章ですが新境地を開くことができました。なんとなく来年は局所((区域)麻酔の年かなと思います。
[PR]
by yamorimo | 2009-12-24 00:04 | その他 | Trackback | Comments(2)

AnestAssist PK/PD ver1.2

AnestAssist PK/PDがまたバージョンアップしています。

まだバージョンアップしたばかりですが、少なくともグラフの縦軸については最高値と横の補助線をユーザーで決めることができるようになりました。フェンタニルであれば縦軸を2-3ng/ml、縦軸を0.2ng/mlに設定すると濃度はほぼ分かるようになりました。こうなると下のインターアクションのグラフが邪魔ですが、実用にはまず問題ないレベルになったと思います。理想的にはインターアクションのグラフを省略して、横長画面で使えるとよいのかもしれません。
[PR]
by yamorimo | 2009-12-24 00:01 | 麻酔 | Trackback | Comments(6)

Ultrasound-Guided Regional Anesthesia and Pain Medicine

神経ブロックに関する新刊がでました。
Ultrasound-Guided Regional Anesthesia and Pain Medicineは、この分野の最新刊であり超音波ガイド下末梢神経ブロックの現在から将来までを見据えた好著として広くお勧めしたいと思います。

日本からは、Shibata先生、Sakura先生らが参加されています。
この種の本で少し残念なのは超音波画像の質でしょうか?印刷の関係でややみにくい気がします。今後欲しいのは、M-Turboレベルの画質で統一された教科書です。

ブロックに関する材料はいろいろ持っているので、今後こちらでも紹介していきたいと思います。
[PR]
by yamorimo | 2009-12-22 22:56 | PNB | Trackback | Comments(0)

ボーイング787初飛行

難産ではありましたが、ボーイングの新型787が初飛行に成功しました。正直格好いいのでANAへの導入が楽しみです。東レとか日本の軽量化技術が生かされています。
動画はボーイングのホームページで。メールでポストカードを送ることもできます。早速自分宛に送りました。
[PR]
by yamorimo | 2009-12-16 22:35 | その他 | Trackback | Comments(0)

AnestAssist PK/PD

AnestAssist PK/PDの作者から連絡が来ました。

現在日本からの登録ユーザーは150名で、国別では1位だそうです。さすがに日本の麻酔科医はシミュレーション好きのようです。

次のバージョンアップも間近の様で、問題になっていた縦軸の問題は解決されるようです。そろそろ実用に耐えるソフトになっていると期待して待ちましょう。まだiPhone/iPod touchをお持ちでない方はボーナスやクリスマスプレゼントでご準備を、、、iPod touchは一番安い8GBで充分だと思います。私は、iPod touchを麻酔用に取られそうなので、iPod nanoの購入を検討しています。
[PR]
by yamorimo | 2009-12-15 22:45 | 麻酔 | Trackback | Comments(2)

てきぱき救急・急変トレーニングDS

メディカ出版からDSソフトの第二弾、てきぱき救急・急変トレーニングDSが発売されています。東京行きのついでに買ってみました。
次はさくさく人工呼吸ケアみたいです。

最近看護師さん向けの教科書の一部を書きましたが、周術期看護みたいなのも期待したいですね。

ちなみに看護師向けの連載を始めました。
[PR]
by yamorimo | 2009-12-13 21:10 | その他 | Trackback | Comments(0)

AnestAssist PK/PDの検証

AnestAssist PK/PDのセボフルランのシミュレーションを検証してみます。
患者データとして年齢、体重、身長は入力しますが、ガス流量については入力しませんのでその辺りがどうなっているのかが目的です。
a0048974_20595960.jpg



上段は私がGasManを使ったシミュレーションです。実線がガス流量6L/分、点線は3L/分です。横軸の数字は分です。どちらもセボフルラン5%で吸入開始したときのシミュレーションです。AnestAssist のBrainの濃度はVRG(vessel rich group)の濃度と思われます。
AnestAssistでは吸入開始後、吸入セボ濃度が上昇するまで少しタイムラグがあります。麻酔回路などの影響を考慮しているのかもしれません。濃度上昇はGasManでの6L/分での結果とほぼ一致しました。
問題は、維持の段階で流量を少なくするなどの影響が反映できないことでしょうか?ガス流量の問題は作者と連絡して確認してみようと思います。
[PR]
by yamorimo | 2009-12-13 21:05 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

モヒカンジェット

年末のマイル調整で東京まで往復してみました。
ところがいつもと様子が違います。
a0048974_23453245.jpg


偶然ですがモヒカンルックに再塗装されたB767に搭乗することができました。内部は写真を撮っていませんが、シートカバーやCAの服装、さらにドリンクのカップなどがすべて特別仕様になっています。

これが全景です。
a0048974_2349118.jpg



個人的にはこのカラーリングの記憶はほとんどないのですが、垂直尾翼のダビンチ画が印象的です。

ついでにカメラおじさんの中、いろいろ撮って見ました。
a0048974_23524288.jpg

[PR]
by yamorimo | 2009-12-12 23:52 | その他 | Trackback | Comments(0)