<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

第27回日本麻酔集中治療テクノロジー学会

第27回日本麻酔集中治療テクノロジー学会に参加しました。となりがSH先生、後ろがSanuki先生とMasui先生という濃い席で1日よい勉強になりました。

a0048974_16273232.jpg



午後のシンポジウム基調講演では有名な青柳先生のご講演。自分の知っているパルスオキシメーターの原理とはまったく違う話にびっくり。Masimoがブラックボックスで進化しているとすると、日本光電は理論的に攻めている感がある。例えば体動の問題も多波長にして真の動脈血酸素飽和度を測定することで解決するということだった。やはりパルスオキシメーターは偉大な日本の発明としてみんなでfollowしていくべきだろう。

パルスオキシメーターに関してはSuwa先生の高地での呼吸停止によるSpO2低下の実験という体を張った発表が印象的だった。麻酔科医たるもの携帯型のパルスオキシメーターを常備して飛行機や高地などではぜひ追試を試みたい。

特別講演は順天堂大学生理学の北澤先生によるブレインマシンインターフェイスの話。簡単にいうと以前紹介した脳波マウスのようなものの基礎理論の話だった。
ずでに脳内に電極を多数挿入すれば義肢の制御などは可能になっている。実際に脳表からの制御となるとNIRSの使用が考えられているようだ。

尚脳波マウスについてはうまくいかなかったのか実売価格も安くなっている(http://www.ocworks.com/etc/ocz_oczmsnia.html)。買うなら今かもしれないですね。うちの機械もすっかり箱の中だがソフトはアップデートされているので再挑戦を試みてみたい。
[PR]
by yamorimo | 2009-11-29 16:41 | 麻酔 | Trackback | Comments(2)

事業仕分け

賛否両論の事業仕分けですが、みていると面白いですね。

厚労省のお役人もいつもは責める立場でしょうが、守りには弱そうです。これって医療機関への厚労省の指導と逆だなと思ってしまいます。弱点とか責めどころはたぶん財務省がしっかり調査していて、表の仕分け人達が責めるという構図では。
ぜひ毎年やってもらいたいと思います。
[PR]
by yamorimo | 2009-11-26 00:26 | その他 | Trackback | Comments(0)

インフルエンザのワクチン接種

インフルエンザのワクチン接種はいろいろ混乱を生じていますね。
結局のところ、接種を医療機関に丸投げしたために現場が混乱してしまっただけのように思います。予約の電話はパンク状態。ただでさえ忙しい小児科は、さらに仕事が増える。子供を持つお母さんは予約のために小児科に並ぶなどなんだが無法地帯みたいです。
私が小学生の頃は学校の体育館で集団接種でしたが、今回のような非常時は結局これしかないと思います。もちろん拒否は自由で。本当に強毒性の新型インフルエンザになったら絶対パニックになりますね。
[PR]
by yamorimo | 2009-11-26 00:20 | その他 | Trackback | Comments(0)

左手手術の男性 医療事故で死亡

左手手術の男性 医療事故で死亡の事件についてリンクを掲載しておきます。

http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE091121171700297436.shtml
MBSのニュース動画、いろいろ器具を試したが、、、

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20091121-OYO1T00638.htm?from=main3
これで気管挿管実習中の事故だったことが分かります。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091121/crm0911210200008-n1.htm
情報としてはここが一番多いです。

これらをみると、
同意を得た上で気管挿管実習を予定した。
救命士では挿管できず、担当麻酔科医がいろいろ別の挿管法を試しているうちにCICVになり気管切開(これがどのようなレベルなのかは不明ですが)を行ったが低酸素で患者は亡くなったという経過が分かります。また、患者は首が太く?挿管困難が予想された患者であった様です。
[PR]
by yamorimo | 2009-11-22 18:16 | 麻酔 | Trackback | Comments(1)

AnestAssist™ PK/PD 1.1

AnestAssist™ PK/PD 1.1のアップデートが可能になっています。
セボフルランのシミュレーションも可能になりましたし、操作性も改善されています。これなら臨床でも使えると思います。
こちらのリクエストで血中濃度と効果部位濃度はまとめてひとつのグラフになってみやすくなりました。ただ残ったインターアクションのグラフが大きくなりすぎたかもしれませんね。ここに濃度が数字で表示されるとかの追加ができるとよいと思います。
まだ様子見だった方も是非ダウンロードして見て下さい。

なお作者からは次のバージョンアップに向けて作業している旨の連絡が来ていますのでご要望があればご連絡下さい。
[PR]
by yamorimo | 2009-11-22 12:12 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

第21回日本臨床モニター学会

すでにLiSAなどにアナウンスされていますが日本臨床モニター学会の宣伝です。

会期:2010年4月24日
会場:大阪国際交流センター
会長:浅田章

シンポジウムや講演ではPVIとかSpHbがひとつのトピックになりそうです。パルスオキシメーターも変わりつつあるということです。あとフロートラックとプリセップカテーテル。プリセップはこれまでトリプルルーメンでしたがダブルが発売されたのでこれは普及するだろうと思っています。
BISに関するセミナーには私も登場予定です。これは丸石・アボットと日本光電のコラボ企画です。セボフルランとBISをキーワードに集められた5名が参加予定ですが(大体予想できますね)これは面白そうです。ランチョンはテルモとエドワーズ、イブニングセミナーはヤンセンとなっています。

臨床モニター学会といえば従来金曜日と土曜日の2日間でしたが、このところ土曜日だけになって参加しやすくなっています。新製品続出で来年のモニター学会は要注目です。

一般演題は11/30締め切りで、21jacm@jtbcom.co.jpまでとなっています。

追記
大会ホームページは、http://www.med.osaka-cu.ac.jp/Anesth/21monitor/21monitor-home.htmlです。
[PR]
by yamorimo | 2009-11-18 23:41 | 麻酔 | Trackback | Comments(2)

AnestAssist™ PK/PD 1.1その後

AnestAssist™ PK/PD 1.1ですがまだアップデートできません。作者からはもうとっくにAppleに申請したんだけどという連絡が来ています。可能になったらこちらでもお知らせします。

作者のホームページへのリンク元はこのブログが世界一だそうで日本の麻酔科医のシミュレーター好きが分かります。すでにver1.2へ向けて作業されているようなのでご要望がありましたらこちらにコメント下さい。
[PR]
by yamorimo | 2009-11-18 00:27 | 麻酔 | Trackback | Comments(4)

書きまくり

すっかり冬になってきました。自分の車は例年12月からスタッドレスに変えますが、今年は何となくもうスタッドレスです。はたしてどうなるか?今年はようやくあこがれのブリザックにしてみました。型遅れですが、新車装着のしょぼい夏用タイヤよりもいい感じです。

さて臨麻が終わって自分の周囲の封筒を整理してみると締め切り間近の原稿が多数あることが判明。ちょっとピンチです。秋の夜長、原稿書きまくり状態になってしまいました。というわけでしばらく更新は難しそうです。

年末はゆっくり「海底軍艦」をみたいとおもう今日この頃です。
[PR]
by yamorimo | 2009-11-17 00:31 | その他 | Trackback | Comments(4)

麻酔科エキスパートセミナー in Hiroshimaのインストラクター募集

麻酔科エキスパートセミナー in Hiroshimaでのハンズオンですが、決死の覚悟で少数のインストで頑張るつもりでしたが、若干名のインストを追加募集します。年末広島へいってみたい方、右の管理人宛メールでご連絡下さい。当日予定しているのは斜角筋~鎖骨上、坐骨神経 or 大腿神経、TAPブロック程度です。
[PR]
by yamorimo | 2009-11-15 18:58 | AHA | Trackback | Comments(0)

麻酔科エキスパートセミナー in Hiroshima

麻酔科エキスパートセミナー in Hiroshimaが予想以上の申し込みですでにハンズオンは締め切りになってしまいました。年末というのに皆さん勉強熱心で感心いたします。講義の方も私もぜひ精聴したいネタばかりで楽しみです。

さて私の担当のハンズオンですが、50名が参加となると個々の受講生の方に充分な指導は難しいかもしれません。臨床麻酔学会のハンズオン並の人数を150分で(臨麻は1日)、少数のインストラクターでの指導となることをご理解ください。
その上で、不十分な点はセミナー後や懇親会場でも補講をいたしますので是非懇親会までご予定いただけると幸いです(私は主催者ではありませんが、、)。
[PR]
by yamorimo | 2009-11-12 23:09 | PNB | Trackback | Comments(0)