<   2007年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

Palmを使いたい

最近たまたまPalmを使いたいという質問が続いたので、Palmの現状についてもう一度まとめてみたい。
まず、現在発売されているPalmはすべて英語版で、エントリー機のZ22、中級機のTungstenE2と大画面のTXの3機種がある。現状を考えると2万円以下で変えるZ22がお勧めだが、TungstenE2のいかにもPalmという風情も捨てがたい。

これらはすべて英語版なので日本語化しないと日本語のソフトは使えない。日本語化の方法は、このブログの初期に記載しているが、Palm Z22 を勝手にサポートするページに詳細に記載されているのでこちらをご参照いただきたい。ページの中のたまにある質問とその答えも有用だ。

購入に関しては、ASAのついでに買うというのが理想的だが(Z22なら99ドル)、それができなければ、モバイルプラザVis-a-visで通販で購入できる。実際に使うには液晶のスクリーンやケースも欲しいので実際にみて買う方がよいとは思う。モバイルプラザは秋葉原のハズレにあるので臨床麻酔学会の合間に購入することもできそう。
[PR]
by yamorimo | 2007-09-30 13:10 | Trackback | Comments(0)

神戸でのアルチバ講演

本日は神戸でのアルチバ講演。今回の結論は、

これまでの自分の麻酔スタイルにさらに鎮痛を上乗せするという感じで取り入れていくことが重要です。

過度にレミフェンタニルに期待(依存)するのではなく、自然に自分の麻酔にレミフェンタニルを取り入れていく。覚醒がよくなった分、体温や術後痛対策など術中管理にはこれまで以上に繊細さが必要。ということでレミフェンタニルのお陰でtotalな意味で周術期管理が向上していくはずと考えます。
[PR]
by yamorimo | 2007-09-29 21:51 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

Palmのスマートフォン

新しいPalmのスマートフォンが発売された。
カメラ、音楽再生、キーボード、PalmOS付きで99ドル。これはiPhoneよりいいのではと思わせる。電話が使えなくても魅力的かな。
[PR]
by yamorimo | 2007-09-29 11:38 | 電脳グッズ | Trackback | Comments(0)

エコーガイド下中心静脈穿刺

私のメル友が管理しているホームページをチェックしたら素晴らしいホームページがリンクされていたので紹介します。
琉球の徳嶺譲芳先生の作られた、「エコーガイド下中心静脈穿刺」のページです。図、写真ともに素晴らしいの一言です。
[PR]
by yamorimo | 2007-09-28 16:21 | 麻酔 | Trackback | Comments(11)

心マスター

sanuki先生がAHAのACLSを受講されて「心マスター」という用語を発表されている。うまく胸骨圧迫ができるようになった疲れにくいプロバイダーのことだそうだ。
G2000時代のACLSは落ち着いた大人の雰囲気が好きだった。胸骨圧迫はやっているフリで、主に心電図の読み方や、薬物の使い方、除細動の方法について学んだ。G2005になってらいきなりガチンコの胸骨圧迫5クールにまず驚かされた。
我がFサイトでは受講生の負担を軽くするため、タスクが主として胸骨圧迫を担当する。5クール押して換気、もう一度5クール回ってくるのがきつい。これをコースの中で何回か担当する。しかも受講生からはもっとしっかり押して下さいなどと的確な指示が飛んでくるのだ。
sanuki先生ご指摘の様に、何度か参加するうちに筋力や力の配分などが身についてきたのかかなり余裕がでてきた。そろそろ「心マスター」入りできるのかもしれない。

臨床麻酔学会の際に、初期研修医にこの「心マスター」への第一歩を指導する企画があります。ご興味有れば、管理人宛メールでご連絡下さい。
[PR]
by yamorimo | 2007-09-27 22:47 | AHA | Trackback | Comments(0)

COUGAR 2200

このネタは、分離した休憩室用だが、、

ずっと使ってきたSONYのICF-5900に加えて、COUGAR 2200を入手してしまった。どちらもアナログ式ラジオの究極の姿であることは間違いない。
COUGARの場合、ジャイロアンテナと直線的に周波数が変化するバリコンが有名だ。

残念ながらMWとSWの感度が低下しており当面FM専用機となりそうだ。レストアするか中国製のBCLラジオを買うか。悩みは尽きない。

a0048974_22215820.jpg

[PR]
by yamorimo | 2007-09-27 22:22 | その他 | Trackback | Comments(0)

フェンタニルIV-PCAの落とし穴

レミフェンタニル麻酔後のフェンタニルによるIV-PCAは徐々に使用頻度が増えているのではないだろうか。だが、以外に難しいという現実がある。
これまでなら術中にそれなりの量のフェンタニルが使用されているので、覚醒時にはフェンタニルの濃度は比較的安定しており、それに上乗せで持続静注するだけでよかった。
ところが、術中レミフェンタニルで術後フェンタニルでは濃度を一定させるのは以外に難しい。

a0048974_22205323.jpg



体重60kgの患者に、術後30μg/hで持続静注する条件でシミュレーションしてみる。フェンタニル100μg静注後に持続では、フェンタニル濃度はかなり下がってしまい覚醒後に頻回にPCAボタンを押さないといけない(図下)。図上のように終了少し前からフェンタニルの投与を開始しておくと、スムーズにつながるのである。こんなことが100例経験するうちに分かってくるのかなと。。
[PR]
by yamorimo | 2007-09-24 22:21 | 麻酔 | Trackback | Comments(4)

AZテレビシンポジウムその後

AZテレビシンポジウムに出演しました。
さすがに、目の前に人がいない環境で語るというのは慣れないものでいけてない講演となりました。次は、10/5です。前回よりはよいものにしたいと思いますのでお暇があればお寄り下さい。

さて、このテレビシンポジウムですが医学の各領域でいま盛んに行われているそうです。もう少しでインターネット経由での配信も可能になるということなので、もっと一般的になるのかもしれません。ただ送信する側とからするとかなり慣れが必要と思いました。90分でしたが本当に疲れたというのが実感です。
[PR]
by yamorimo | 2007-09-22 20:42 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

iTunes U

iTunes storeからのリンクにiTunes Uが追加されている。
UはUniversityの略だろうか?主として大学系のコンテンツが並んでいる。英語教材と考えると宝の山かも。
現在のダウンロード一位はスタンフォード大学でのスティーブ ジョブズの講演です。あたりまえか。
[PR]
by yamorimo | 2007-09-19 00:02 | 英語 | Trackback | Comments(0)

日本超音波区域麻酔研究会 JSURA

日本超音波区域麻酔研究会、遅ればせながら入会しました(たぶん会員なのだが)。

会員に配布されるDVDは、超音波ガイド下区域麻酔法(克誠堂)に添付の物です。と考えると、これから神経ブロックを始める人は、真興交易の方の本を買って研究会に入会というのがよいのかも。

神経ブロックについては来月くらいから連載を再開します。
[PR]
by yamorimo | 2007-09-17 15:30 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)