「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:その他( 362 )

謹賀新年

a0048974_8581870.jpg

[PR]
by yamorimo | 2017-01-01 08:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

日本医学シミュレーション学会①

1/30-31、東京で開かれている日本医学シミュレーション学会へ参加している。
まずは、教育講演2の紹介。

自立型人材の育成方法
ティーチングとコーチング

野々山美紀先生(昭和女子大学現代教養科非常勤講師)

2月、3月は
社内の指導者向け研究会が多い。

なぜ指導者を集めて研修するのか?

新人はすぐにやめてしまう。(大卒新人は3年以内に1/3はやめる)(ひとりの育成に300万円はかかりおおきな損失になる)

指導者が新人をどう扱ってよいか分からない

自立型人材の育成を図りたい。

自立型人材とは、
思考力と行動のバランスが取れている
組織目標を把握した動きができる

答えのない時代に対応できる人材である。

指導育成者の本音
「面倒」
「忙しくて話せる時間がない」
「どう接してよいのか分からない」
「自分のせいでやめたらどうしよう」

若手世代の傾向は?

真面目ネガティブ
人当たりはよい他責傾向—○○をやらされて
中途半端—100点を目指さない。70点くらいでよい
目標:上司に怒られないようにしたい(?)

尊敬対象は「職位」ではなく「人」
自分が認めた人にはこころを開く
コピペ世代
テンプレートで対処したがる
メンタルストレスには弱い
軋轢をさける(表面的な関わり)
勝ち負けは嫌い(人に合わせたふりをする)—何度も同じ間違い

人材育成は計画と作戦が必要

ティーチング(指導)
コーチング(支援)
モニタリング(定期的なチェック)

ティーチング(達成感)
指示や助言によって答えを与えることー正攻法で
「〜しましょう」「〜してください」
コーチング(自立感)
答えを与えるのではなく答えを導き出す
承認や質問によって相手の成長を支援する関わり方
「どんな風に実施してみたいですか」
→「なるほどそうしましょう」
「どんな支援があればできますか」
→「分かりました。私も○○するよ」

ティーチングの心構え
やってみせ、言って聞かせて、させてみて
ほめてやらねば、人は動かじ

率先範力(やってみせ)モデル提示
動機づけ(言って聞かせて)説明スキル
実践機会の提供(させてみて)手を出さずにまかせることができるか
評価(ほめてやらねば)注意点
継続(ひとは動かじ)

人は指示命令で動くのではなく納得感で動く
組織VISIONや部門VISIONを伝えているか
指示の全体像を伝えているか
私のWILLを伝えているか
相手の損得を伝えているか
簡潔に分かりやすく伝えているか
理論だけではなくアウトプットの仕方を伝えているかーどんな言葉で言ったらよいのか

ほめることは育成につながる
上司と部下の認識にはギャップがある(上司がほめているとおもっているほど、部下はほめられているとは思っていない)

ほめる
フィードバック(事実)→Good Job→今後の展開、持続性(思ったときに伝える)

評価(課題点を伝える)

事実→気持ち→対策、提案→効果、利益
惜しい
残念
もったいない
もう一歩
ナイマス面とプラス面をセットで伝える

コーチングとは何か?
本人の内観が進むことにより、自らが意欲の仕組みに気づき、行動の仕組みに変え、成長・変化をすること

ビジネスコーチング
目的
自立性
有能感や達成感
信頼関係を構築

相手のニーズ・価値観を知る(相手から話をさせる)(上司から話をすると上司に合わせてしまう)
内観を促す
こちらのニーズ・期待を伝える
刺激を与える
相手の強み、改善点を話し合う
支援

傾聴(聴いて)
うなずき、あいづち、復唱
相手の使用語をオウム返しする
承認、受容(感じて)
質問

コーチングの限界
相手の言葉を聞いていると、イライラする
表情が険しくなる
それが甘いといいたくなる

回避するには、「個性関知」のタイプ分析
エゴグラム

正しい・正しくないという評価ではなく、自分と相手の「違い」と捉える

内観を促すために使用言語を掘り下げる(相手の言った言葉をさらに掘り下げる)
拡大質問:相手の内観を促す
未来質問
工程質問

コーチングが成立しにくい質問
特定質問:事実認識
過去質問:相手の意識を過去にとどめてしまう
否定質問

目標管理を支援
S:明確性;内容が具体的
M:測定可能
A:本気度
R:現実的
T:期限性

どんな時に?
ほうれんそう

「報告書できました」
×:そこ置いといて
○:お、前回より早いな

○○はどのようにすればよいですか
×:この前も教えたよ。いい加減自分で考えてやろうよ。
○:それは、この前実施した○○と同じだよ。この前はどんな風にやった?
[PR]
by yamorimo | 2016-01-30 23:06 | その他 | Trackback | Comments(0)

下関海峡マラソン

昨年の臨床麻酔学会で皇居1周マラソンに出てから長距離熱が高まり、ついにフルマラソンに挑戦しました。とりあえず近場の下関海峡マラソンへ。自分の病院からも医師4名を含め10人前後が参加する山口県最大のマラソンです。

コースはこちら。
a0048974_2351347.png


2003年に臨床麻酔学会の開かれた下関海峡メッセをスタートして関門海峡沿いを関門医療センターまで往復。ここで15km、後半は彦島から北の人工島まで行き帰って来る。瀬戸内海と日本海の両方をみながら走ることのできる景色のよいコースです。
a0048974_23585493.jpg


こちらはコースの高低。
a0048974_2354524.png


前半はフラットで走りやすく後半はアップダウンのあるシビアなコース設定。最後の上りで少し歩きましたが無事に5時間11分で完走しました。スタートラインを超えるまでに5分以上かかったので実質は5時間5分くらい。次は5時間切れそうな感触です。
10km毎のラップがこちら。
a0048974_23564475.png

なんとか1km7分のペースを守って走ったことが分かります。
このように分析すると、マラソンも麻酔と同じ知的なゲームであることが分かります。
次は2月に北九州マラソンへ出る予定です。
[PR]
by yamorimo | 2015-11-03 23:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

NYSORA in New York

シルバーウィークを利用して、ニューヨークで開かれているNYSORAに参加しています。

例年よりも長い入国審査を抜けてマンハッタンへ。
毎年使っていますが、JFK空港からはこのエアトレインを使います。料金は降りるときに払うシステム。
a0048974_18173835.jpg


ちょっと余裕があったのてホテルの手前で地下鉄を降りて歩いてみました。ここが5番街。マンハッタンの中心でしょうかね。銀座みたいなエリア。
a0048974_18192459.jpg


10分ほどでタイムズスクエアへ。ここの近くが会場のホテルです。
a0048974_18205071.jpg

[PR]
by yamorimo | 2015-09-19 18:21 | その他 | Trackback | Comments(0)

日本光電のモニター

2年前に日本光電のモニターを購入した際に感じたのは動脈圧の波形がみにくいということだった。

a0048974_23174175.jpg

従来の手術室専用機から病棟のモニターと共用になったためか、前機種よりもむしろみにくくなってしまったと感じられた。もちろん、動脈圧の波形からPPVが表示できたり、パルスオキシメーターもPIが表示可能になっているのだが、かんじんの波形があまりにちいさくてみにくい。やはり麻酔科医は波形をみて判断すべきである。パルスオキシメーターも本来サブパラメーターであるべきPIの表示が妙に大きい。等々の苦情を伝えていたところ、しばらくして本格的に改良してもらえることになり、麻酔科学会の直前にバージョンアップされた。

a0048974_2319435.jpg

まだ数字の色などを微調整したいのだが、動脈圧波形に関しても満足できるモノになったのではないだろか。もちろんこのために心電図の面積を削ってしまったのだが。また、吸気の二酸化炭素濃度はぜひ入れたかったのだが、呼吸数とどっちかになって入れられなかった。低流量麻酔時の安全性を考えると今なら二酸化炭素濃度なのかもしれない。

いずれにしてもおおくの医療機器は発売後、ユーザーの声を聞きながら完成させていくべきものだと思っている。今後もクレーマーにならない程度に、医療機器の評価や改良のお手伝いができればと考えている。
[PR]
by yamorimo | 2015-05-31 23:24 | その他 | Trackback | Comments(0)

宇部駅伝大会

私の住んでいる宇部市の駅伝大会へ院内の有志チームで参加した。

市内の湖の周囲を走るとちょうど6km、これを1区は1周、あとは半周づつのリレーで7人のチームで走る市内最大のイベントである。全員が平均4分/分のペースで走ると来年は一部へ昇格となる。一応、1月は週末に集まり、坂道ダッシュなどで準備して当日へ。私の担当はアンカー区間の7区、2.7kmと短いが約1kmの登りが続くのでどこまでペースを上げられるかが勝負となる。

結果は二部の中の13位、一部昇格まであと13秒という残念な結果に。私はなんとか4.5分/kmでクリアーしたがまだまだ遅いというのが実感。来年に向けまたがんばりたい。

ゴール後にFMきららのインタビュー。このときは一部入りできたと思っていたのだが、、

a0048974_2113229.jpg

[PR]
by yamorimo | 2015-02-04 21:13 | その他 | Trackback | Comments(0)

オレキシン受容体拮抗薬

オレキシンは覚醒を制御する情報伝達物質である。視床下部外側野の神経細胞に特異的に発現する。視床下部外側野からは覚醒に関わるモノアミン作動性システムやコリン作動性システムに密接な投射が認められる。オレキシンはこれらの覚醒システムを活性化させることで覚醒を維持・安定化させていると考えられている。オレキシンは柳沢、櫻井先生らにより発見された。私は、オレキシンの欠乏によると考えられているナルコレプシーの患者を麻酔したことがきっかけで興味を持っていたのだが、今回オレキシン受容体を拮抗する新しいタイプの睡眠導入剤が発売されたので講演会に行ってみた。

SASと睡眠障害について
土屋神経内科:土屋先生
日本人は顔の形状的にSASが多い。日本人=SASと考えてもよいくらい。
SASの患者に睡眠薬を投与する場合注意が必要。
使用可能なのは、
マイスリー、アモバン、ルネスタ、ロゼレムと今回発売されたベルソムラである。
ベンゾジアゼピンは筋弛緩作用がありSASの患者では上気道が閉塞しやすい。

メラトニンアゴニストのロゼレムは効かないという印象があるが、初診の人に処方するとよい。筋弛緩作用がなく、SASとは無関係である。

不眠症治療における新たな選択
愛媛大学岡先生

睡眠の経過
一晩でNonREM睡眠とREM睡眠が対をなして約90分の間隔で4-5サイクル繰り返される。REM睡眠は睡眠の後半に多くなる。

睡眠促進系:GABA
覚醒系:オレキシン神経、モノアミン神経

睡眠物質の蓄積(恒常性維持機構)
覚醒で睡眠物質が蓄積し、入眠で低下する
睡眠負債の返済:平日短時間睡眠で休日に長く寝る
寝だめはできない

サーカディアンリズム
体内時計:視交叉上核
深部体温は昼間高く、夜低くなる
メラトニンは夜間高い→夜か昼かを決めるホルモン(夜行性動物でも夜間高い)

Morning sunlight→視交叉上核を刺激→覚醒
夜間の光→メラトニンを抑制(夜は暗めに)

アルツハイマー
メラトニン分泌量↓
ピークがばらつく→昼夜逆転

不眠の原因
一過性の不眠→誤った考え方の形性→不眠不安→安全行動→認知身体的覚醒→慢性的な不眠

オレキシン
外側視床下部

ナルコレプシー(NC)
日中の眠気
REM睡眠関連症状
カタプレキシー(情動脱力発作)
入眠時幻覚:入眠時にいきなりREM睡眠
睡眠麻痺(金縛り):REM睡眠の状態から覚醒

頻度:600人に一人

カタプレキシーを伴うNC
約9割の症状でオレキシン↓↓
オレキシンを産生できない(自己免疫)

オレキシン低下→コリン系↑(REM睡眠)、モノアミン系↓

2次性過睡眠
視床下部の梗塞などによるオレキシン産生低下

睡眠障害の治療
非薬物療法
睡眠衛生
認知行動療法(保険適応なし)
精神療法

薬物
日本では不眠時にアルコールに頼る傾向

BZP系睡眠薬
非BZP系睡眠薬(化学構造的にベンゾジアゼピン骨格を持たない)(ω1受容体選択的、筋弛緩作用なし、抗不安作用なし)

ラメルテオン(ロゼレム)
メラトニン→松果体→視交叉上核(体内時計の中枢)
切れ味劣る

スプレキサント(オレキシン受容体拮抗薬)
覚醒システムを抑制
[PR]
by yamorimo | 2015-01-20 11:44 | その他 | Trackback | Comments(0)

日本静脈麻酔学会①

高松市で開催された日本静脈麻酔学会へ参加した。
非常に面白かったのは最近注目の希少糖についての講演。

希少糖とは自然界には微量しか存在しない単糖のことである。香川大学では希少糖の生産と利用法についての研究が進んでいる。

紹介があったのはD-プシコースとD-アロース。

a0048974_2265097.jpg


D-プシコースは果糖のCの3番目のOHとHの配置がことなる異性体。甘さは砂糖の7割程度だが、生体では利用されないためノンカロリーの糖である。自然界ではズイナに含まれている。また、加熱により果糖がD-プシコースに変化するため、現在でも少量は摂取している。
摂取した場合には、
①デンプン分解酵素(アミラーゼ)を抑制する。
②腸でのブドウ糖の吸収を抑制する。
③肝臓でグリコーゲンを合成する。
④動物の糖尿病モデルで膵臓のβ細胞の変性を抑制する。
などの作用があり、血糖上昇を抑え、糖尿病の予防や改善に効果がある。現在トクホ申請中で近々承認されるのではという見込み。
現在発売されているレアシュガースウィートはブドウ糖と果糖を主成分に希少糖が20%程度含まれている。カロリーは砂糖の80%程度だが体重や体脂肪率を低下させる効果がある。

もうひとつの希少糖のD-アロースは活性酸素の産生を抑制する効果がある。動物実験レベルでは虚血性疾患や血圧上昇抑制作用。さらにALSやアルツハイマーの進行抑制作用が示されている。さらに癌細胞の増殖抑制など医学領域での応用が期待できそうである。

ということでノンカロリーなのはもちろん、+アルファーの効果がいろいろ期待できそうな希少糖。これから砂糖に代わって広く使用されそうである。

a0048974_22274989.jpg

会場では、レアシュガースウィートの他、希少糖入りのお菓子が試食可能であった。
[PR]
by yamorimo | 2014-11-29 22:28 | その他 | Trackback | Comments(0)

麻酔科医のための知っておきたいワザ22③

麻酔科医のための知っておきたいワザ22、Amazonでは入荷待ちとなっていますが、セブンネットで購入可能になっています。もちろんお近くの医学書店には入荷しているハズです。
[PR]
by yamorimo | 2014-05-22 23:56 | その他 | Trackback | Comments(0)

ポートアイランド散策

休日に日本麻酔科学会事務局までいく機会があったので早めにポートライナーを降りて散策してみた。

ポートアイランドの南側は桜の木が多く花見をしている人も多かった。

a0048974_23584590.jpg


ちょうどスズメがいたのでパチリ。こんなにきれいにスズメが撮れたのは始めて。ここの鳥は人を恐れない。

a0048974_23595168.jpg


もう一枚。こちらはヒヨドリ。花が好きな鳥ではあるがどうもきれいではない。撮影中、オバサンの二人組からメジロがいますか?と声をかけられた。やはり花といえばそんな鳥が似合うのだろう。ヒヨドリですがというとそそくさと立ち去られた。

麻酔科学会事務局周辺はカメラを持って散策にはよい場所ではないかと思われた。

ちなみにこちらが後日撮影したメジロである。よくウグイスと間違えられるのでご注意を。
a0048974_035133.jpg

[PR]
by yamorimo | 2014-04-12 00:04 | その他 | Trackback | Comments(0)