「ほっ」と。キャンペーン

NHK語学講座の録音③

NHK語学講座の録音その③。

NHKのアプリではストリーミングで翌週の1週間は再生できるけれど録音はできなかった。そこでネットでのNHK放送を録音、再生できるのが「録音ラジオサーバー」である。
これはアンドロイド専用なのでiOSでは使えない。そこだけ残念か。

こちら起動画面。
a0048974_21202099.png

NHK以外の放送を視聴するには別にradikoが必要。radiko+NHK放送の再生+録音ツールということ。radikoプレミアムにも対応している。

a0048974_21183927.png


こちらNHKラジオ第2を選択したところ。番組表が表示され現在放送中の番組が再生される。

予約録音するにはタイマーをタッチ。
a0048974_21242491.png


時間指定、あるいは番組表からプログラムを選択し予約録音できる。

パソコンなしで録音できること、どうせ視聴するのはスマホという方にはこの環境がベストではなかろうか。
[PR]
# by yamorimo | 2017-02-09 21:26 | 英語 | Trackback | Comments(0)

NHK語学講座の録音②

NHK語学講座の録音その②は録音ではないがNHK語学講座のストリーミングアプリの紹介。

NHK純正のストリーミングアプリ「NHKごがく」は録音機能がないものの使いやすいアプリである。
元々NHKの語学講座はホームページからストリーミングで聴取可能だった。この機能をスマホアプリにしたのが「NHKごがく」である。無料なのでスマホに入れておくとよい。iOSとアンドロイド両対応している。

a0048974_044344.png


立ち上がりの画面。ここで表示する講座はカスタマイズできる。

実践ビジネス英語を選択。

a0048974_061077.png


再生に必要な機能は揃っているが、録音やスピード調節はできない。今日のポイントの文章は表示されるが純正なのでもう少し情報が欲しいところ。再生できるのは放送の翌週1週間のみなので聞き逃すともう聞くことができないのに注意。

とはいえスマホがあればどこでも聴取可能なので、PCでダウンロード、スマホに転送という手間がないのは有利な点だろう。
[PR]
# by yamorimo | 2017-02-08 00:09 | 英語 | Trackback | Comments(0)

NHK語学講座の録音

こちらで以前から紹介してきたNHK語学講座の録音、NHKのサイトから自動的に講座のファイルをダウンロードしてくれるCapturestreamが開発中止になって困っていたのだが、最近いくつかの方法がでてきたので順に紹介したい。
まずCapturestremと同様に使えるPCのソフトがきゃぷる☆しゃべるである。Winddows専用のソフトになるので注意。実際にはCapturestremの前に主流だったNHKラジオ語学番組キャプチャツールのアップデート版になる。
NHKラジオで放送中のすべての語学番組OK.
ダウンロードできるのは放送の翌週なので曜日を決めて忘れずにダウンロードしよう。
[PR]
# by yamorimo | 2017-02-07 00:49 | 英語 | Trackback | Comments(0)

第24回日本静脈麻酔学会

新年の挨拶でも掲載していましたが本年の12月2日に私が会長で日本静脈麻酔学会を開催します。私のこれまでの麻酔科医人生のすべてかけて準備していきたいと思っています。
こちらでも最新情報を随時アップしてきますので皆様どうか奮ってご参加下さい。

Facebookベージも立ち上げました。こちらからご覧下さい。

a0048974_0175612.jpg

[PR]
# by yamorimo | 2017-02-03 00:18 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

謹賀新年

a0048974_8581870.jpg

[PR]
# by yamorimo | 2017-01-01 08:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

PBLDで学ぶ周術期管理

臨床麻酔学会前ですが、新刊を出します。
「PBLDで学ぶ周術期管理」は臨床麻酔学会でも行われるPBLDを自宅でも行えるようにした書籍です。

a0048974_17354165.jpg
a0048974_1736549.jpg


症例は16例用意しました。タイトルみたら答えが分かってしまうので何の症例かは記載を避けています。
症例の進行に応じて、何が起こったのか?対処はどうすれば?など考えながら読んで下さい。

Amazonではこちらから予約できます。
[PR]
# by yamorimo | 2016-10-22 17:41 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

私の本の紹介

日本麻酔科学会が終わりました。この学会を通して感じたのは麻酔科学会はもはや出席だけでなく、講演をきちんと聴かないといけなくなったということです。そんな中私の本を3冊発売しましたので改めて紹介します。

a0048974_114517.jpg

「はじめての麻酔科学」ははじめての単著です。全身麻酔に必要な、吸入麻酔薬、静脈麻酔薬、オピオイド、区域麻酔、筋弛緩薬、モニターを簡潔にしかも薬物動態から解説しています。麻酔専門医を目指す後期研修医の先生にお勧めです。

a0048974_134638.jpg

「気道管理に強くなる」は、上嶋先生、駒澤先生との共同編集です。医学シミュレーション学会のDAMインストラクターを中心に、ガイドライン、各種デバイス、テクニック、さらに環境作りまで幅広く網羅しています。こちらも後期研修医を中心に、気道系の関わるすべての医師にお勧めです。羊土社らしいカラーたっぷりの編集が気に入っています。

a0048974_164078.jpg

「超音波ガイド下末梢神経ブロック2実践25症例」は好評の前著の第2弾です。ダブりはありませんので2冊でご活用下さい。今話題の、内転筋間ブロック、PECSブロック、QLBなどすべて網羅しました。末梢神経ブロックの実践には必須の本です。

以上3冊。よろしくお願いします。
[PR]
# by yamorimo | 2016-06-04 01:08 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

PNB49シール

日本麻酔科学会期間中に「超音波ガイド下末梢神経ブロック実践24症例」あるいは「超音波ガイド下末梢神経ブロック2実践25症例」をお買いになった先生は私に声を掛けて下さい。もれなくLiSA編集部特製のPNB49シールを差し上げます。購入は自己申告で結構です。枚数に限りがあることをご了承下さい。少なくとも学会懇親会には顔を出します。
よろしくお願いします。
a0048974_21421624.jpg

[PR]
# by yamorimo | 2016-05-24 21:42 | PNB | Trackback | Comments(0)

第6回Nippon Neuromuscular Meeting

Nippon Neuromusucluar Meetingの講演記録

日本大学の鈴木先生
この会の常連でほぼ筋弛緩の分野では日本のリーダー的存在に

筋弛緩モニタリング

尺骨神経刺激の場合
中枢を陽極(シロ)、末梢を陰極(クロ)で。
電極間は3—4cm離す。
トランスデューサーは母指が事由に動けるように。

刺激は最大上刺激
通常は 50mhz
高すぎると筋の直接刺激になる
セッティング後にキャリブレーション

TOF-Watch
設定した刺激電流をもとに収縮高を100%
TOF-WatchSX
CAL-2では最大上刺激を求めてキャリブレーション

刺激を開始すると、
Stair case phenomenon
徐々に反応高くなる。早く安定させるにはテタヌス刺激をする。臨床では無視でよい。TOF比には影響しない。

筋肉による違い。
後脛骨神経刺激は尺骨神経刺激よりon set遅く、回復早い。
皺眉筋はon set早く、回復早い。

筋弛緩の特徴は横隔膜、喉頭筋と近い
強度は30mA程度

維持
TOF2ではバッキング、体動を起こす可能性あり
PTC5以下が必要

PTCは少なくとも6分間隔で。やりすぎは回復を早める。

皺眉筋ではT110%以下で母指ではPTC5以下になる。


吉野先生
外科医の立場から筋弛緩の必要性を述べた

腹腔鏡手術では、筋弛緩の不足は
ワーキングスペースの減少
ポートの可動性低下によるかんし操作不良を来す
また、気腹圧の上昇は術後痛を増強する

外科医の立場からは腹腔鏡下手術では十分な筋弛緩の維持をお願いしたい。

スガマデクスとせん妄
高齢者の増加で外科手術後のせん妄が問題
後ろ向き調査では
ワゴスチグミンで拮抗よりもスガマデクスは術後せん妄の頻度を減らしていた。
[PR]
# by yamorimo | 2016-05-14 23:11 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)

気道管理に強くなる

羊土社より、上嶋先生、駒澤先生との共同編集で「気道管理に強くなる」を発売します。

JSAはもちろんASAなどの各種ガイドライン
声門上器具とビデオ喉頭鏡は発売中のほぼすべてを解説
さらに教育体制まで
気道管理のすべてをコンパクトにまとめています。麻酔科学会の会場などでぜひご確認の上、ご購入下さい。

詳細はこちらから。5/20発売です。
[PR]
# by yamorimo | 2016-05-14 09:56 | DAM | Trackback | Comments(0)