「ほっ」と。キャンペーン

麻酔科エキスパートセミナー in Hiroshima

麻酔科エキスパートセミナー in Hiroshimaに参加しました。

私の担当は末梢神経ブロックです。40名以上の受講生に対して、150分の時間とSanuki先生を含めて6名のインストラクターという布陣で、限られた条件のなかではベストを尽くせたのではないかと思います。

今回は、初心者向けでしかも明日からできる手技ということで、
腕神経叢ブロック(斜角筋、鎖骨上、腋窩)
下肢(大腿神経、坐骨神経の膝下)
TAPブロック
に絞り込みました。ひとつのブースで複数の手技というよりは、ブースごとにひとつの画像ということにして短時間ですませましたが如何だったでしょうか?
昨日は全国4カ所で同規模のハンズオンが開かれたようです。いよいよ末梢神経ブロックも普及期に入ってきたようです。
[PR]
by yamorimo | 2009-12-06 10:44 | 麻酔 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/9371490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さぬちゃん at 2009-12-06 17:29 x
昨日は,大変ありがとうございました。ハンズオンは,タイトな時間で精一杯がんばったという感じです。多すぎず,少なすぎずの内容で,初心者にはよいきっかけになったのではないかと思います。今後,末梢神経ブロックが,いざというときに役立ってくれればよいと思います。
ハンズオンでは40名ちょっと,レクチャーを含めた参加者数は70名(重複含まず)以上になりました。過去最高の参加者数になりました。来年もよい企画を考えます。よろしくお願いします。
Commented by yamorimo at 2009-12-07 00:21
さぬちゃん先生
お世話になりました。今回は、大学の後輩である2人のK中央病院の先生とこの前DAMを一緒にやったU先生、さらに東京からはるばるやってきてくれたS先生など人の縁が頼りになりました。
久しぶりの大学講義室で内職がすすんだことで、なんとか周術期のテキストが上がりました。試験問題を考えるにはよい環境でした。次はアレに取りかかります。またよろしくお願いします。
<< Google 日本語入力 術中覚醒予防のためのセボフルラン >>