「ほっ」と。キャンペーン

AnestAssist™ PK/PD 1.1

AnestAssist™ PK/PD 1.1のアップデートが可能になっています。
セボフルランのシミュレーションも可能になりましたし、操作性も改善されています。これなら臨床でも使えると思います。
こちらのリクエストで血中濃度と効果部位濃度はまとめてひとつのグラフになってみやすくなりました。ただ残ったインターアクションのグラフが大きくなりすぎたかもしれませんね。ここに濃度が数字で表示されるとかの追加ができるとよいと思います。
まだ様子見だった方も是非ダウンロードして見て下さい。

なお作者からは次のバージョンアップに向けて作業している旨の連絡が来ていますのでご要望があればご連絡下さい。
[PR]
by yamorimo | 2009-11-22 12:12 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/9286101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 左手手術の男性 医療事故で死亡 第21回日本臨床モニター学会 >>