日本静脈麻酔学会

9月最後の週末、日本静脈麻酔学会へ出席した。

a0048974_20472098.jpg



いろいろな人にお会いしましたが、それぞれ目的の学会は違っていた由です。日本の中央へ多くの麻酔科医が集まりました。さすがに静脈麻酔学会以外のことは不明です。

午前中はヨーロッパでのTIVAの状況について、euroSIVA、worldSIVAに出席した先生方からの報告がありました。特にヨーロッパで普及しているopenTCIのシステムについての紹介と日本への導入の可能性についてディスカッションが交わされました。プロポフォールのTCIも当初はPCのソフトと接続されたシリンジポンプという形で一部から普及していったのですが、それが10年後も可能かどうか、レミフェンタニルをそこまでしてTCI投与する必要があるかこれからも模索がなされるようです。

一般演題は、まず初期投与における薬物動態モデルの問題。この辺りはMasui先生の論文が掲載されたらまたご紹介しましょう。

その他は雑多の演題で無事終了。私は、先日掲載しましたが、術中覚醒アンケートの結果について報告しました。

静脈麻酔学会のメインは学会賞。今年は10演題中4題にJ-SIVA賞が与えられ来年のEuro-SIVA参加費用が支給されることになりました。確率としてはすごいですね。受賞者は、Masui先生とA医大の先生2名(A医大は3名中2名が受賞)と私が受賞となりました。ということでアンケート調査にご協力いただいた先生方には厚くお礼を申し上げます。

来年は青森です。ヨーロッパに行きたい人はぜひ学会賞を目指して研究してみて下さい。新しい施設からの応募を歓迎したいので計画段階でご相談いただければアドバイスいたします。
[PR]
by yamorimo | 2009-09-27 21:03 | 麻酔 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/9024486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SH at 2009-09-28 22:24 x
Masui先生の論文はもうWebサイトからダウンロードできますよ.
Commented by yamorimo at 2009-09-29 01:05
SH先生

ありがとうございます。
<< 大橋照子の話し方教室 第7回awake surger... >>