吸入麻酔シミュレーション

恐れ多いことですが、吸入麻酔薬のシミュレーションについて文章を書きました。ご覧の上ご質問、ご批判などありましたらこちらにコメントお願いします。

ネタのいくつかは本ブログで紹介したのものですが、すべてシミュレーションはやり直しています。GasManの機能上、呼気セボフルラン濃度を指定することができないので、呼気セボフルラン濃度ができるだけ一定になるように吸入セボフルラン濃度を少しずつ変化させるなど臨床に即した内容になっているかと思います。シミュレーション結果は手入力でエクセルに移したのでちょっとグラフがきたないです。主としてセボフルランがイソフルランより優れている点を強調しています。長時間になればなるほどセボの利点が生きてくるというのは、発売当初短時間の麻酔向きといわれていたころを考えると面白いです。20年の使用で安全性が確立したというのが大きいと思います。あえて外したのはデスフルランでこれがセボよりも優れているかどうかは機会があればまた。
[PR]
by yamorimo | 2009-07-09 23:41 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/8601439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マイコン 麻酔科エキスパートセミナー i... >>