神奈川麻酔医会

金、土と連続でアルチバ関連の仕事をさせていただいた。

土曜日は、神奈川麻酔医会でのランチョン。「レミフェンタニル時代の全身麻酔」という大仰なタイトルで講演をさせていただいた。ポイントはまた紹介したい。

その他の講演は、葉山ハートセンターのN村先生による末梢神経ブロックの話。さすがにTEEの分野でも有名な先生だけに、超音波の理論的な話が大変参考になった。ディスカッションを聞いていてもこの地区での末梢神経ブロックの普及度は高いように思われた。

会長の意向が今の時代はレミフェンタニルと末梢神経ブロックということなのだろうが、タイムリーな構成が印象的である。
[PR]
by yamorimo | 2009-02-07 22:59 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/7919959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 臨床モニター学会演題登録延長 広島麻酔セミナー >>