「ほっ」と。キャンペーン

謹賀新年

あまり新年という実感はありませんが2009年となりました。ことしもよろしくお願いします。

昨年は小規模の講演が多かったのですがその分麻酔科の若い先生方の考えを聞くことができよい励みになりました。超音波ガイド下ブロックなどは自分の頑張らないと若い先生に追い越されてしまうといういい危機感があります。
またアンケート調査を2回もお付き合いいただきありがとうございました。レミフェンタニルに関する結果は「臨床麻酔」12月号に、中心静脈穿刺に関する結果は現在紹介していますがこちらも例えば手術室に超音波装置を買ってもらう資料にでもなればという意味で機会をみて論文化させていただく予定です。こちらは共著者を募集しますのでデータの集計に協力してみたいという方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

さて今年ですが、、
もうアンケートはやりたくなかったのですが、2月くらいに次のアンケート調査を行う予定です。レミフェンタニルに関するアンケートの2回目で術中覚醒について面白い結果が得られましたの。この部分を詳細に調査していい結果がでれば5月の日本麻酔科学会で使わせてもらおうというものです。サンプル数を増やすためにこれまでよりも大規模に行う予定ですのでよろしくお願いします。

このブログのセボフルランの部分の要約が、日本麻酔科学会東海・北陸支部会の記録として近日中に配布されます。セボフルランについては今面白い文章を書いていますのでご期待下さい。

ことしは初心に戻り集中治療医学会と日本麻酔科学会にそれぞれ何年かぶりで演題を出しました。それぞれよい議論ができればと思っています。

それでは今年一年が全国の麻酔科医にとってよい一年であるよう努力していきましょう。
[PR]
by yamorimo | 2009-01-01 12:54 | 麻酔 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/7782259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by runa123 at 2009-01-02 03:45
あけましておめでとうございます。先生のブログ、楽しみにしています。今年もいろいろ勉強させてください。
Commented by yamorimo at 2009-01-03 23:34
runa123さん
今年も勉強になるかもしれないが、それ以上でもないくらいの線でブログを運営していきます。よろしくお願いします。
<< クーデックビデオラリンゴスコープ 最高齢更新 >>