「ほっ」と。キャンペーン

最高齢更新

これまで自分の麻酔担当症例の最高齢記録は97歳だったのだが、昨日ついに100歳の麻酔を経験しました。この年齢だとまだ明治生まれですね。大腿骨頸部骨折で認知症があることもあり全身麻酔も考慮しながらなんとか脊椎麻酔が成功。少し鎮静しようとプロポフォールを1μg/ml使っても全然意識レベルが変化しないということでさすがに100歳、気合いが違います。
同じ日にもう1例行ったのが10年前にCABGを行っているEF20%の頸部骨折。こちらは大腿神経ブロック+局所麻酔+フェンタニルで施行。外科側からこれからは全例ブロックでやりますか?といわれるくらいよく効いていました。
年の瀬とはいえこれからの麻酔の方向性を感じさせる2症例。来年は高齢者と区域麻酔がひとつのテーマになりそうです。
[PR]
by yamorimo | 2008-12-31 13:42 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/7778740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 謹賀新年 中心静脈穿刺アンケート結果その3 >>