アトロピンとネオスチグミンの合剤

アトロピンとネオスチグミンの合剤のプレフィルドタイプがテルモから発売されます。比率は1:2で合計3mlのタイプと6mlのタイプがあります。最近レミフェンタニルの関係でアトロピンはいつも注射器に常備しているので個人的にはいらないかな。エフェドリンなどもプレフィルドになるとよいですね。
[PR]
by yamorimo | 2008-09-19 00:43 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/7498751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 病棟での挿管困難とエアトラック レミフェンタニル時代のセボフル... >>