診療報酬疑義解釈について

4月の診療報酬改定でいろいろお困りのこともあるかと思います。

日本麻酔科学会の会員向けページに診療報酬疑義解釈についてが掲載されています。

分離肺換気の時間はいろいろ解釈が変わりましたが、挿管から抜管までになりました。ただし食道手術などでは胸部操作中のみです。通常は体位変換時にシングルルーメンチューブに代えるでしょうからそこまで。実質麻酔料が減額になる施設もかとは思いますが、これまでが取りすぎていたということになるのでしょう。
その他必ずご確認下さい。
[PR]
by yamorimo | 2008-07-27 23:26 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/7344341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カッタ君の死因 神経ブロックと上肢麻痺 >>