「ほっ」と。キャンペーン

術中覚醒の論文に対するAspectのコメント

NEJMの術中覚醒の論文に対するAspectのコメントをざっと紹介します。

彼らの論文でのBISを使用した群での術中覚醒の頻度が0.21%というのは以前の論文(Lancet2004;363:1757)でのBISを使用した群での頻度0.17%と同様である。以前の論文でのstandard clinical practiceでの術中覚醒の頻度は0.91%であった。したがって今回の論文もBISの有用性を示したものと考えられる(ちょっと勝手な解釈か?)。

0.7MAC以上を維持するという対照群の設定はstandard practiceとは考えられない。

術後の覚醒の状況に関するデーターが示されていない。術中覚醒の有無だけで比較するのは適当でない。

術中覚醒を起こした症例ではBIS値が示されていない時間がある。

などです。

今回の結果では0.7MACというのがひとつのラインとして示されたと思います。とするとセボフルランでは約1.1%ですから、先のアンケート結果と併せるとセボフルランを呼気濃度で1.2%以上維持するというのは術中覚醒予防の観点からは推奨されます。
これ以下で維持するときに果たしてBISが役に立つのか?本当はここが知りたい部分なのかもしれません。

あとBISの有用性としては、セボフルランがいつの間にか空になっていた(今回の研究ではこれはモニターされているが)、ルートトラブルでレミフェンタニルが入っていなかった。などの場合が考えられますが、これらの有用性を示すにはもっと症例数が必要でしょう。
[PR]
by yamorimo | 2008-05-03 16:54 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/7070782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ライフサイエンス辞書(WebL... BISと術中覚醒 >>