「ほっ」と。キャンペーン

アルチバアンケートの結果(麻酔導入時のプロポフォール投与量)

アルチバ使用時のプロポフォール投与量についてはすでに途中経過を示したが、最終的な結果はこうなった。
a0048974_21304583.jpg


やはりプロポフォールは2mg/kgというのが身についているのかそれなりに多い比率となった。前回も説明したが、アルチバ使用時は導入に必要なプロポフォールは少量でOKなので1mg/kgでほとんどの場合充分である。
では、麻酔導入時のプロポフォール投与量と、アルチバ麻酔時に気になっていることで低血圧を選択した人の関係をみてみる。
a0048974_21342424.jpg


やはりプロポフォール投与量が多いと低血圧を気にする割合が高くなる。これがアルチバ使いこなしのひとつのコツといえるだろう。
[PR]
by yamorimo | 2008-04-21 21:36 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/7031446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 神経ブロックのビデオ2 神経ブロックのビデオ >>