「ほっ」と。キャンペーン

アルチバアンケートの結果(術中覚醒)

アルチバアンケートの結果の続きです。集計結果から取り急ぎお知らせしたほうがよさそうなものから公開します。

途中経過は示しましたが、アルチバ使用時の術中覚醒の経験については、ある4%、疑いのある症例はある14%でないが82%でした。

ではこれを維持麻酔濃度との関係で解析してみます。維持セボフルラン濃度が0.7-1.0%の人と、1.2%以上の人に分けて術中覚醒の頻度についてみるとこのようになりました。

a0048974_17564959.jpg



全体的に、維持セボフルラン濃度が0.7%という人は減っているのですが、やはり維持のセボフルラン濃度としては1.2%以上がよいかもという結果となりました。

次にBISモニタの有無でも差があるかみてみます。BISをほとんど使用あるいは、50%以上の人と、それ以外で分けてみます。

a0048974_17592963.jpg



BISモニタが有用なのか、BISモニタを常用しようという人はいろいろ気を付けているのかは不明ですが、やはりアルチバ麻酔時にはBISモニタは有用といえそうです。

以上、アルチバ麻酔時の術中覚醒の頻度は多いかもしれない。
予防には、BISモニタの使用とセボフルランであれば1.2%以上を維持することが望まれる。

というのがあくまでも術中覚醒という視点からの考察です。
[PR]
by yamorimo | 2008-04-11 18:04 | 麻酔 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/6996934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tsunetann at 2008-04-11 23:56 x
今日,ちょうど神経麻酔・集中治療研究会で術中覚醒の講演をしていました.セボフルラン濃度と術中覚醒の発生率のデータはおもしろいですね,有意差もありそうですし.TIVAと吸入麻酔でどちらが多かった,という観点のデータは出せそうですか?ぜひ,お願いします.BISをつけていて術中覚醒していた人のBIS値がどれくらいだったのかも知りたいですね,でもアンケートだから無理でしょうか.大変,おもしろい発表になりそうで,楽しみです.
Commented by yamorimo at 2008-04-12 02:16
T先生
講演お疲れ様です。さすがに先生のために新潟へは行けなかったのですが、お聞きしたい講演ではありました。
今回の結果をみると意外に大規模studyも可なのかもと思ってしまいました。吸入麻酔薬vsTIVAもやってみましょう。
Commented by SH at 2008-04-15 20:25 x
興味深い結果ですね.
いつも脳波モニターを見ながら麻酔しているとSevoの呼気濃度が1.2%を下回るようにすると,急速に麻酔が浅くなる傾向がよくみられていました.やはりこの辺りはひとつのラインになるのでしょうね.
Commented by yamorimo at 2008-04-16 23:05
SH先生
コメントありがとうございます。セボの適正濃度についてはもう少し解析してみます。次に載せますが昨年と比べてセボの維持濃度は高くなっています。これも、SH先生の活動の成果?といえそうです。
<< Editor's Ch... アルチバアンケートの結果 >>