アドレナリン含有局所麻酔薬と吸入麻酔薬

いわゆるエピ入りキシロカインの添付文書が改訂されて、ハロタン等のハロゲン含有吸入麻酔薬との併用が「併用注意」から「禁忌」に改訂されている。これはアドレナリン注射液の添付文書でハロタン等のハロゲン含有吸入麻酔薬投与中の患者には「禁忌」と記載されていることとの整合を図るのが目的とされている。
ハロタン等のハロゲン含有級麻酔薬に現在のセボフルランが含まれるのは間違いのないところだろうが、麻酔科医サイドからすると納得のいかないところだろう。
これに関してはすでに日本麻酔科学会のホームページに学会サイドでの対応について説明されている。方向としては「禁忌」の解消に向けて動いていると思われる。どうなるか分からないが一応注意しておいたほうがいいだろう。
個人的にはTIVAな人なのであまり困らないが、新しい情報が入れば紹介したい。
[PR]
by yamorimo | 2008-03-16 11:33 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/6903853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アルチバアンケート LMAと術後痛 >>