食道挿管の対応

食道挿管をしてしまったあるいは、指導中に食道挿管をみつけてしまったときに皆さんどうしているだろうか?
いつものS先生からYou tubeでesophageal intubationで検索すると面白いよという連絡が入った。早速みてみて下さい。

要は、食道挿管してもそのままチューブを抜かずに換気。これで食道からの逆流も防げる。そしておもむろにもう一本のチューブを気管内に挿管すればよいという意見だ。例えば食道挿管してしまってめげている研修医も、ショックが和らぐのではなかろうか。コンビチューブ的発想といえるだろう。

良く質問を受けるのですがよく出てくるS先生は、Sanuki先生ではありません。誤解のないように。
[PR]
by yamorimo | 2008-03-02 23:40 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/6855997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Airtraqの改造 アンケート補足 >>