論文の査読

最近なぜか論文の査読の依頼が多い。
人の論文を査読という形で読ませてもらうのは本当によいトレーニングだと思う。自分自身も査読者として試されている立場なので投稿するとき以上に、緊張感がある。査読者は大抵2人なので、自分の仕事を済ませたあと別の査読者のコメントを読むことでまたまだ勉強になる。rejectにしてしまうとかなりドキドキだ。
こういう経験が自分の論文に生かせれば最高なのだが、、、

別に査読を依頼されなくても、他の人の書いた論文を読んで適切なコメントを出すというのはぜひ心がけてもらいたい。
[PR]
by yamorimo | 2008-02-14 00:58 | 英語 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/6791127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SH at 2008-02-14 23:42 x
>査読者は大抵2人なので、自分の仕事を済ませたあと別の査読者のコメントを読むことでまたまだ勉強になる。

これ,本当にそうですね.他の査読者たちとほぼ同じようなコメントになったりするとホッとします.最近はオンライン査読になって3週間で返事を迫られるのに大変です.
それなのに投稿するとなかなか返事が貰えない...
みんなが査読期限を守っているのか疑ってしまったりしています.
Commented by yamorimo at 2008-02-15 00:17
コメントありがとうございます。
何となく、最近SH先生とご一緒したかもと思っています。
<< 価格と品質 神経ブロックの動画 >>