AIRTRAQについてのちょっといけない話 その2

先日AIRTRAQの再使用をしていたらLEDが点滅のままになってしまったことを紹介したら、読者の方からこれを解除する方法を教えていただいた。立場上ここに公開することははばかられるがそのうちヒントだけ紹介したい。
sanuki先生がAIRTRAQの使用後は咽頭痛を訴える旨をブログに書かれているが私も同感だ。いろいろ改良の余地はありそうだ。

ちなみに麻酔2月号にエアウェイスコープとガムエラスティックブジーの併用例が報告されていた。やはりエラスティックブジーの微妙な曲がりはこの種のデバイスと相性がよいのだろう。もう一つ、エアウェイスコープのITLをファイバー挿管の補助具に使用する方法も報告されている。同様のことをよく登場するS先生からも示唆を頂いていた。今度、AIRTRAQの電池室部分を切断してファイバー挿管の補助具にしてみようと思っている。
[PR]
by yamorimo | 2008-01-30 00:28 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/6734323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< AIRTRAQをばらす 麻酔質問室 >>