「ほっ」と。キャンペーン

AZテレビシンポジウム2回目

AZテレビシンポジウムの2回目が迫ってきた。
今回は、初回よりも講演の時間をやや短縮して、症例も2例にしぼって(awakeはもうないです)、その分質疑応答に時間を使いたいという予定になっている。このシステムの双方向性を生かしてみたいですね。
[PR]
by yamorimo | 2007-10-04 00:09 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/6260163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< AZテレビシンポジウム2回目その後 神経ブロックミニワークショップ >>