まず100例

今日のシンポジウムのラストのスライドです。
レミフェンタニル、いろいろ問題もあるけれどまず100例経験してみようというもの。

a0048974_22512193.jpg


レミフェンタニルの使用で困っている点については以前紹介しているが、これは経験症例100例未満(約150名)と100名以上(約50名)で比較したもの。100例以上経験するといろいろノウハウが分かってくるのか、問題点が著明に減少している。他の演者の話でも慣れの要素が大きいという部分があった。やはり使いこなしにはそれなりのノウハウが必要で、まず100例くらい経験するとコツがつかめてくるのだろう。自分の感覚でも同様である。あとはコツを共有できればというのが課題でしょうか(お前が紹介しろといわれそうだが)。

これはというネタがあればご紹介下さい。
[PR]
by yamorimo | 2007-09-01 22:56 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/6098460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 奈良と産婦人科 金沢の午後 >>