「ほっ」と。キャンペーン

アルチバとロピオン

アルチバの関連で、使用頻度が増えるのはロピオンだろうと予想していた。

先日のアルチバアンケートに関しては、将来的にきちんと報告しますが、予想以上だったのはロピオンの使用頻度だった。
ほとんど使用(42%)、50%以上(24%)、50%以下(24%)で、使用しないは10%しかない。ロピオンは術後鎮痛対策の基本といえるだろう。

あとBISの使用がほとんど使用(33%)、50%以上(15%)、50%以下(25%)、使用しない(33%)で徐々にBISの使用がルーチンになっている印象。プロポフォールの使用も、ほとんど(49%)とこちらも常識になりつつある。

ざっとみた印象では、アルチバ時代の麻酔では、ロピオン、BIS、TCIなどがキーワードで今後の期待はIV-PCAというところだろうか。PCAに関してはコスト面からクーデックシリンジェクターなどのディスポインフューザーの使用がメインになると予想している。
[PR]
by yamorimo | 2007-08-03 22:19 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/5954364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 笑気使いますか? 医療者Wiki >>