「ほっ」と。キャンペーン

救命士の気管挿管

救急救命士の気管挿管については、これまでも疑問を感じていた訳だが、とうとうこんな報道がなされてしまった。いくらなんでも心肺停止の患者に対して、医療事故というのはどうかと思うのだが、はしょった報道だとこんなになってしまう。マスコミには冷静な報道を望みたい。

追記
記事を改めて読んで思ったのだが、搬送先でもしばらく蘇生を行った様子なのでその間食道挿管に気付かなかったのは何故だろう。いくら挿管されて搬送されても胸郭の持ち上がりくらいは確認しないものか。蘇生はチームで行うという考えからすると救命士の責任だけ問うのは酷ではなかろうか。

尚、蘇生と人工呼吸に関しては、こちらの記事もご参照いただきたい。
[PR]
by yamorimo | 2007-05-07 22:58 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/5548734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 超音波ガイドの星状神経節ブロック アルチバアンケート経過 >>